takebat.com1週間まとめ記事(2016年1月18日~1月24日ver.)

1週間まとめ記事

いつもご覧になって頂きありがとうございます! 先週の記事でお見逃しになったものがあれば、今回のまとめ記事でぜひチェックしてみてくださいね。

今週の記事は以下になっております。

 

野球選手は 太っている方がいいの? 痩せている方がいいの?

これからのバッティング技術は「リラックストリガーロック」がポイント ~バッティングの新常識~

テイクバックをとればとる程 打球が飛ばなくなる事実

バットを短くもっても本来の目的は達成されないって知ってた? ~根拠のないアドバイス代表~

野手にも選手生命を終わらせる故障があるってご存じですか?

ボールを平行に見ようとするから打てません ~斜めにボールを見るススメ~

テイクバックをとるとボールが揺れる?! ~テイクバックをとるから打てません~

野球選手は 太っている方がいいの? 痩せている方がいいの?

野球選手に関わらず、スポーツをやっていると、「太っている方がパワーがある」、「痩せている方がシャープな動きができる」なんて言われたりします。

しかし、その根拠はなんでしょうか。野球選手と体重の関係について記しました。

takebat_article090

 

これからのバッティング技術は「リラックストリガーロック」がポイント ~バッティングの新常識~

「リラックストリガーロック」ってご存知ですか? これからのバッティング技術を語る上で、とても重要になってくる考え方ですよ。

takebat_article091

 

テイクバックをとればとる程 打球が飛ばなくなる事実

打撃の常識では「テイクバックをとること」を推奨されるケースが大半です。しかし、プロ野球においても、最先端の野球現場においても「テイクバック」はとらないことを勧めるように変化してきています。 あなたはこの変化についてこれていますか?

takebat_article092

 

バットを短くもっても本来の目的は達成されないって知ってた? ~根拠のないアドバイス代表~

バットを短くもつようにする時ってどんな時ですか? 意外とその根拠としているものって大した理由を持ち合わせていません。 今こそ、根本に立ち返って検証してみてください。

takebat_article092

野手にも選手生命を終わらせる故障があるってご存じですか?

選手生命を終わらせるような怪我・故障としては、「野球肩」や「野球肘」が注目されがちです。それは投手が毎試合消耗しているように見えやすいからです。しかし、「野手」にも注意が必要な怪我・故障があることをご存じですか?

takebat_article094

 

ボールを平行に見ようとするから打てません ~斜めにボールを見るススメ~

「ボールを平行に見ろ!」と言われたことありませんか? でもボールは平行に見てはいけません。というか正確に言うと平行に見ることはできません。そんなことをしていたらスイングができないのですから。。。

takebat_article095

テイクバックをとるとボールが揺れる?! ~テイクバックをとるから打てません~

「テイクバック」をとっていると打てないことに関しては常日頃お伝えしていますが、「何故だめなのか」の一つの理由である「ボールが揺れてしまう」現象について記しました。

takebat_article096

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

takebat.com~1週間まとめ記事(2016年5月30日~6月5日ver.)

2016年6月6日

上手くなりたきゃ筋トレをサボれ??!

2015年10月30日

現役MAX147km/hの院長が施す野球専門の施術 ~寿晃整骨院/森本大志氏~

2016年2月26日

takebat.com1週間まとめ記事(2016年2月29日~3月6日ver.)

2016年3月7日

takebat.com~1週間まとめ記事(2016年6月13日~6月19日ver.)

2016年6月20日

takebat.com1週間まとめ記事(2016年2月15日~2月21日ver.)

2016年2月22日