真似は意味がありません~最適な打撃フォームの見つけ方~

打てる選手の真似をしても打てない

あなたは、日々、最強の打者になることを夢見て、日々打撃フォームを大切に練習していると思います。

そんな際に、よくやる方法として

 

打てる選手の真似をする

 

という方法をとる方をよく見かけます。

しかし、

 

打てる打者の真似をしても打てるようにはなりません

 

と一刀両断しておきます。

その理由は簡単で、

 

あなたとその真似をしている選手は何もかもが違うから

 

です。

皆がサイボーグで一ミリも違わない人間であれば、一つの最適なフォームを見つけ出すことができると思いますが、

 

ミナハサイボーグデハアリマセン。

 

現在でもメジャーリーグで活躍しているイチロー選手ですが、彼が登場してきた時は「振り子打法」として一世を風靡していました。

しかし、今現在、イチロー選手は「振り子打法」をしているでしょうか?

メジャーにわたった翌年から、あっさりと「振り子打法」を捨て去っています。

細かい理由の憶測は飛び交っていますが、編み出した本人ですら、身体の変化や環境の変化にあわせて打撃法を変更するわけです。

これは極端な例かもしれませんが、その打撃フォームを真似することが打者としての実力をあげることに直結していないことがご理解頂けるのではなでしょうか。

最適なフォームとは

では、打撃フォームを考えても意味がなく、所詮才能だと諦めるしかないのか?

というとそんなことはまったくありません。

あなたにぴったりの打撃フォームというのが存在しているので心配いりません。

そのためにはまず、「最適なフォーム」とは何なのか、ということを考える必要があります。

ではあなたに最適なフォームとはなんなのでしょうか?

答えは意外にも簡単で、

 

ボールを捉える際に、フルスイングすることができるフォーム

 

です。

これは、誰にでもあてはまることではないでしょうか?

しかし、ミソはここにある「フルスイング」という言葉です。

実現させたい打球は人それぞれ、場面それぞれであることは間違いありません。

つまり、最適なフォームの見つけ方は、

 

「自分で探すしかありません。」

 

なんだ、答えなんかないのか・・・

と思われた方もたくさんいると思いますが、意外とこの事実を意識している人は少ないです。

どこかに、間違いのない正解があると思っている人がほとんどです。

だから、一流選手や身近な結果の出ている選手の真似をしてしまうわけです。

真似をするなら意識の考え方

人間はサイボーグではありません。体型や筋肉の付き方は人それぞれです。

それにも関わらず、誰にでもあてはまる最適な打撃フォームというのを求めてしまっています。

まだ、真似をするのであれば、その選手が意識していることの考え方について学ぶことぐらいです。

 

なぜ、そのようなスイングの仕方を選んでいるのか

スイングする時に何を意識しているのか

何を目的に練習しているのか

 

そして、彼らの意識していることを知り、自分に置き換えて、自分にあった方法で練習することです。

打撃フォームに関しては、シンプルで

 

ボールを捉える際に、フルスイングすることができるフォーム

 

という先ほどお伝えしたことだけを意識して、一生懸命振っていれば、自分にぴったり合った打てるフォームが早く身につくでしょう。

バッティングは意外にもシンプルなもので、水物ではありません。

人の真似をするのではなく、自分で試行錯誤しながら、最適なフォームを見つけていきましょう!

何度も言いますが、この当たり前の「自分でみつけるしかない」ということを実践している人は本当に限られています。

基本的に投手有利なスポーツなのですから、打者はほとんどが失敗する勝負なのが野球です。

試行錯誤しながら気楽に考えてみるのも良いと思います♪

 

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球選手がいくら短距離ダッシュをしてもキレは生まれない

2017年7月2日

バッターの手首の怪我・故障は減らせるのか?? ~バッターが怪我・故障を減らす方法~

2016年5月27日

ホームランを狙わないことは野球選手の未来を奪う。

2016年7月10日

「体幹トレーニング」の「体幹」ってなんのこと? ~本当の「体幹」を鍛える唯一の方法~

2016年3月9日

バッターがすべきバッティング練習とは

2016年7月31日

MONOBUNを日々のバッティングにおいて最大の力を発揮する方法

2017年5月16日