あなたが試合に出られないのは信用がないから~技術は二の次~

三振しない打者がすごいわけではない

技術の向上についての方法論はたくさんあると思います。しかし、そんな方法論よりも、一番大切なのが「試合に出ること」です。

1試合に出ることは1年間練習することよりも価値があります。

でもそんな試合にでるためには、技術が必要だというループに陥ってしまうかと思いますが、試合に出るための方法論というのがあります。

多くの場合、「試合にでるためには」と考える人が大半だと思いますが、実はこれは逆で、試合に出るためにはやってはいけないことをやっている人が多いことの方が問題だったりしています。

では、打者としてやってはならないこととはなんでしょうか?

 

「見逃し三振!」

 

と思ったと思いますがすこし違います。ピントがずれています。

では、何なのか。

それは、

 

三振しそうだなと雰囲気を漂わせながらの「見逃し三振」

 

をすることです。

これは究極に監督やスタッフ、その他のチームメイトからも信用を失います。次はないというやつです。

試合にでるためには、周りの人間の信用が絶対条件です。

仮に三振しようとも「次はやってくれるだろう」と思われれば出場し続けます。三振しないことが良い打者の条件ではありません。

この「次はやってくれるだろう」という信用こそが出場するための条件です。

三振しそうな雰囲気とは

では三振しそうな雰囲気とは、何なのでしょうか?

変化球を見逃したあと、変化球を空振りしたり、ストレートを見逃した後に、ストレートに全くタイミング合わないようなスイングしたりすることです。

また、追い込まれた時に、投手に何も苦労をさせないような状態で追い込まれたりすることです。

さらに言えば、普段出場機会が少ない選手、または下位打線の選手が上記の状況になった場合です。

そんな雰囲気の漂わせた状態で、見逃し三振してしまうと、即交代で次に試合に出られるのは半年後というような事になってしまいます。

見逃し三振はほとんど内容はありませんが、見逃し三振にも内容のあるものであれば周囲は納得することもあるでしょう。

しかし、輪をかけて、チームメイト、監督コーチが、なんとなく三振しそうだなと、感じているときの「見逃し三振」は致命的です。

つまりは、何の爪痕も残さないような出場をしてはいけません。

意味のない三振をしないために

では、意味のない見逃し三振をしないためには何が必要でしょうか。

そのためには、投手の決め球やカウントを取りに来るボールをあらかじめ頭に入れておき、そのボールを狙えるような打者を目指すことが一つです。

または、なかなか三振しないで投手に球数を投げさせるような粘り強い打者を目指すなどの工夫をし、結果を出すことなどです。

つまりは、試合にでるまでにやるべきことがあります。さらに言えばチーム事情などでも、出場できる要因は変わってきます。

試合に常に出る選手と、なかなか出られない選手とでは、まったく立場が違います。

自分なりの方法でレギュラーを目指し、勝ち取っていく必要があると思います。そのヒントになるような記事を記していきますが、全員にはまる方法はありません。

この記事や他の記事で、その「きっかけ」となる情報をお伝えしていきますので、一緒にレギュラー目指してがんばりましょう♪

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球選手がダウンにするキャッチボールに意味がない?! ~ダウンをするタイミングが鍵~

2016年3月28日

今すぐレギュラーになりたきゃDNAのスイッチをONにしろ!

2016年1月1日

テイクバック不要論【理論編】が無料で読めるチャンス! ~【実践編】発売記念~

2016年3月27日

バックネットに飛ぶファールチップはタイミングが合っているってホントなの?

2015年12月19日

バッティングは左打ちが圧倒的に有利な理由

2017年2月14日

「テイクバックはいらない」がこれからの常識 ~テイクバック不要論【理論編】~ /Kindle版 発売開始

2016年3月18日