野球選手が見た目をいくら真似をしても無意味な理由

なぜそんなにシンプルなバッティングの基本が語られないのか

ではなぜこんなにシンプルなバッティングの基本が野球現場では語られてこないのでしょうか。

それは、

インパクトの瞬間に100%の力を伝えるためには身体をどう使えば良いのか誰にも分からないから

です。

そのため、指導者は何らかのもっともらしい言葉で指導をしてしまいます。

100%の力を伝えられるような身体の使い方は人それぞれなので自分で見つけるしか実現する方法は存在していません。

そして仮に、そんなバッティングフォームを見つけたとしても、環境や心境の変化で簡単にベストな状態は変わってしまうため、安定して同じ結果を残すことができません。

つまり、本人にもベストな身体の使い方が分からず、指導者も選手のベストな方法が分からないという状態が今まで続いてきました。

では、自分の現在の瞬間の身体に適したインパクトへと100%の力を伝えるような身体の使い方をどのように習得すればいいのでしょうか。

次のページ:自分の身体に適したインパクトの瞬間に100%の力を伝えるためのトレーニング方法

ページ: 1 2 3 4 5

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

テイクバック不要論【理論編】が無料で読めるチャンス! ~【実践編】発売記念~

2016年3月27日

バッティングトレーニングとはホームランの練習をすること

2017年6月1日

プロ野球選手に教わると下手になる

2016年11月30日

野球選手に冷たくて甘いものは危険です。

2016年11月25日

わざとゴロを打てるような優秀な打者のバッティングの考え方

2016年11月12日

MONOBUNの開発の裏には荒川博氏の支えがあった。

2016年12月5日