野球選手が見た目をいくら真似をしても無意味な理由

野球選手は過去の自分を追いかけても何もならない

過去の自分の調子が良かった頃と見た目上同じものを目指しても、同様の結果が現れることはほとんどないでしょう。

むしろ悪くなる可能性の方が高いでしょう。

当然ながら、一流選手の真似をする選手と同様に、結果が出る選手がいることも否定はしません。

しかしどれだ結果が出たとしても、根本的な考え方に誤りがあるため、身体の調子に変化が出れば立ち直り方が分からずに悩み続けることになるでしょう。

人間である限り心も体も常に変化し続けています。

過去の自分と比べても、上手い選手と比べても、比べる対象のあなたの身体が全く異なっていることを考えれば、思った通りの結果は得られないでしょう。

現在スランプに陥っている選手は、もう少し先の未来を見据えて取り組めば、新しい可能性を見つけることができるでしょう。

もしかしたらあなたが悩んでいる問題は解決する必要すらない問題かもしれません。

今までの結果をもとにするよりも、目の前の結果や感覚を大切にするようにしましょう。

仮にバッティングに対する悩みであるならば、バッティングの本質とは何なのかシンプルに考えてみれば答えはすぐに分かるでしょう。

>次のページ:バッティングに大切なこと

ページ: 1 2 3 4 5

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球界のバッティングトレーニングは間違いだらけ

2017年5月7日

バッティングは「静」から「動」への「動作」を実現すること

2016年7月26日

野球界の努力は花開かない。

2017年12月10日

バッティングトレーニングはフライを打とう

2017年6月16日

テイクバックをとるとボールが揺れる?! ~テイクバックをとるから打てません~

2016年1月24日

筋トレがもたらす負の効果を知っていますか? ~野手の故障No.1「肉離れ」の正体~

2016年2月27日