野球が上達するために必要な練習を見分ける方法

野球が上達するために必要な練習を見分ける方法

では、野球を上手くなるための練習とは何でしょうか。

具体的な方法は人それぞれですが、答えは至ってシンプルなものです。

それは、

野球が上手くならない練習をしないこと

です。

 

野球選手は野球選手である前に一人の人間です。

人間である限り体力と時間が有限です。

結果を残す人間とそうでない人間の違いは、これらの有限なものを有効活用した人間です。

そのため、

練習は上手くなって初めて価値がある

ということです。

では、上手くなる練習とそうでない練習を見分けるためにはどうすればいいのでしょうか。

それは

検証すること

です。

野球関係者の大半は練習内容に関する検証を全くしません。

今行っている練習の大半は、突き詰めていけば根拠にしているのは「有名な選手がやっている」、「有名なトレーナーが言っている」、「昔からやってきた」というものです。

そして新しい考え方や新しい練習が出ても「前例がない」、「やっている人がいない」といって受け入れることも検証してみることもしません。

さらに悪いことに、何か失敗をしたり上手くいかないことが起きると、現在の練習内容を精査する前に新しい練習を付けたそうとします。

その結果、次々と練習内容が増加し、意味があったものまで無意味な状態を創り上げてしまいます。

>次のページ:野球の練習の本質的な目的

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

バッティングが不調な時に過去の好調なイメージを持ち出すと自滅のハジマリ

2017年5月1日

バッティングの結果が出ない時に最もやってはいけいないのは練習をすること

2017年2月17日

打者は春になるとスイングが鈍くなるって知ってた? ~冬場にやるトレーニングの無意味さ~

2016年4月6日

金属バットでは技術はつかない ~木製バットで本物の足腰を手に入れる~

2015年12月17日

ゴロを打てより遠くに飛ばせがこれからの常識

2016年10月20日

野球選手は取り入れた最先端の技術によって退化した

2017年5月22日