練習をサボると野球が上手くなるのは歴史が証明してきた

バッティングに大切なこと

では、一つの考え方の練習としてバッティングに大切なことは何か考えてみましょう。

世の中には様々なバッティング理論が存在していますが、答えはあまり複雑に考えてはいけません。

バッティングに大切なことはとてもシンプルです。

それは、

「ボールを強く叩き」、「ヒット」や「ホームラン」を打つ確率を高めるにはどうしたらいいかを考えること

です。

これ以外の考え方や技術はあくまでおまけです。

「ボールを強く叩く」ことだけに意識を集中し、実現するための方法(つまりはバッティングフォーム)を自分自身で、都度オリジナルを開発することがバッティング練習に求められています。

小学生であれ、大学生であれ、社会人であれ、プロ野球選手であれ、メジャーリーガーであれ、この人間の身体の特徴から逃れることはできません。

むしろ、いち早く人間の身体の特徴に気づき(無意識の人もいますが)自分自身で実践した人が一流選手の道を歩んでいます。

バッティングフォームは作ろうとしてはいけないものです(『バッティングフォームは作ろうとしてはいけません。』)。

シンプルに

インパクトの瞬間に100%の力を伝えるために、自分の身体をどう使えば良いのかを考えること

がバッティングの基本です。

その結果、にじみ出てきたバッティングフォームこそが現在のあなたにとってベストなバッティングフォームです。

あなたが考えなければいけないことは、インパクトの瞬間に100%の力を発揮するためにはどうすれば良いのかを考えることだけです。

その後に、ゴロを打つためにはどうすれば良いのか、フライを打つためにはどうすればいいのか、打球の方向を操るためにはどうすれば良いのか・・・などを考えればいいだけです。

インパクトの瞬間に100%の力を伝えるようなスイングができていないなら、他の何を考えても結果は大きく変わりません。

>次のページ:なぜそんなにシンプルなバッティングの基本が語られないのか

ページ: 1 2 3 4 5

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球選手が見た目をいくら真似をしても無意味な理由

2017年10月9日

右打ち 左打ち どっちが有利? ~特性を分ける意外な理由~

2015年12月12日

真似は意味がありません~最適な打撃フォームの見つけ方~

2015年12月2日

ホームランを打つ練習ってなぜしないの? ~ホームランの打ち方~

2016年7月13日

スイングする時に回転は意識してはいけない?! ~打者の股関節のハナシ~

2016年7月1日

バッティングでバットを短く持っても実は変わらない。

2017年4月26日