バッティングで力を込めたければ力を抜くこと

バッティングで力を込めたければ力を抜くこと

野球選手であれば誰しもが力強く飛距離の出る打球を打ちたいと思っているはずです。

そんために力いっぱいバットを振って投手が投げたボールを打とうとしていると思います。

しかし、その結果はあまり良い結果が得られていないことが多いのではないでしょうか。

その理由は簡単で、

バッティングで力を込めたければ力を抜くことが必要だから

です。

「?」がついた人は、人間の身体の動き方を知らない人です。

人間の身体は力を込めようとすればするほど力が入りにくくなります。

これはバッティングだけに言えることではなく、野球におけるすべての動作、人間におけるすべての動作に言える事実です。

バッティングの本質とは何でしょうか。

それは、

投手が投げたボールに対して可能な限り大きなエネルギーを伝えること

です。

人一倍力を込めることではないはずです。

むしろ力を込めることは、バッティングの本質からはかけ離れてしまった行為です。

野球界で言われる「リラックス」の本質はここにあります。

>次のページ:野球選手が力を抜くことが下手な理由

ページ: 1 2 3 4 5

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

これからの野球選手は頭を使ってトレーニングする時代

2017年1月8日

もう無意味な練習はやめませんか?~スピードの速いバッティングマシン~

2015年12月9日

バッティングする時にボールを軽く感じさせる方法

2017年2月20日

野球は監督がチームで最も偉いわけではない。

2016年11月11日

山田哲人・清宮幸太郎選手のバッティングの共通点

2016年7月23日

インコースを見逃してしまう原因はバッティング技術ではない

2017年5月9日