バッティングは当てにいくと当たらなくなるのが野球

バットをボールに当てようとしなくても自然に当たるようになるのが野球

では、空振りばかりを続けている選手には、どのようなアドバイスをかければいいのでしょうか。

投手が投じたボールは、必ず打者の方に向かって来ます。

これは変わることのない事実です。

打者から離れて行くことはまずありません。

必ず打者の方に向かって来るため、ボールは待っていれば問題ありません。

そして向かってきたボールで、バットが当たる範囲のボールだけを打てば問題ありません。

つまり、

決してボールに当てにいこうなんてする必要がない

ということです。

そのため、

同じ空振りでもとにかく待って待って、自分のスイングができるようにすること

が大切です。

バットをボールに当てようとすると、人間の特性上、必ず弱々しいスイングになり、体が投手側に流れてしまいます。

すると、バットにボールが当たる確率は下がる上、仮に当たっても弱々しい打球しか打てません。

それでもヒットやホームランにしてしまう打者がいることは事実ですが、それらの選手はよほどバッティング技術を持っている選手なので、全ての選手に目指させることは問題外です。

>次のページ:打者はどんどん空振りをしましょう

ページ: 1 2 3 4 5 6

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

ストレッチはデメリットがあると思った方が良い

2016年11月27日

そのティーバッティングは何のためにやってるの?

2015年11月27日

これからの野球選手に最も必要なこと

2017年6月25日

スイングスピードが速いとバッティングがよくなるのか

2016年8月5日

王貞治氏が真剣を使って練習していた理由の秘密 ~バッティング技術の本質が見えてくる~

2016年3月16日

元野球選手の大半に指導力がない理由

2017年6月3日