ティーバッティングはトレーニングにならない

ティーバッティングはトレーニングにならない

野球選手はバッティングトレーニングとしてネットに向かって「ティーバッティング」をよくしています。

黙々と何十分も「ティーバッティング」をひたすら続けます。

さらに監督やコーチからも「ティーバッティング」をしておくような指示が出ます。

しかし、ここで一つ考えて頂きたいことがあります。

それは、

何故ティーバッティングをやっているのか

ということです。

結論から言えば「ティーバッティング」は「バッティング」が上手くなる要素をほとんど含んでいません。

この記事におけるバッティングトレーニングは野球が上達することだけにフォーカスしています。

ティーバッティングをすればバッティングに必要な筋肉がついて・・・といった遠回りな話はしません。

筋肉がつけばバッティングが良くなるのかは誰にも分かりません。

その他のティーバッティング指示派の意見も同様です。

間違っても「高速で繰り返すティーバッティング」のような無意味なトレーニングは辞めて下さい。

です。

本人で選んでやっている場合は自己責任なのでしかたない部分はありますが、「監督」や「コーチ」から命令されているのであれば、選手は悲惨としか言いようがありません。

ただ振り続けている「ティーバッティング」は、手が痛くなり、マメは潰れ、体が疲労するだけです。

ティーバッティングに「はまっている」状態を見ていると、不憫でなりません。

>次のページ:野球選手のティーバッティングは疲れるためにやっている

ページ: 1 2 3 4 5 6

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

レベルスイングがバッティングに与える影響

2017年3月20日

野球のバッティングに「タメ」は必要なのか

2017年4月28日

野球選手にとって必要な「体幹」について知りましょう。

2016年12月6日

うさぎ跳びは効果的なトレーニング ~うさぎとびが「膝」や「腰」に悪いのは嘘~

2016年3月13日

三振をしないために必要な2つのポイント

2016年5月17日

野球選手に必要な「スイング」方法まとめ ~あなたはどんな「スイング」をしてるの?~

2016年6月22日