バッターがバッティング練習で反復練習をする意味

バッターがバッティング練習で反復練習をする意味

野球選手であれば、バットを握らない日はほとんどないでしょう。

プロやアマチュアレベルで投手をやっている人であれば、握らない日はあっても大半の野球選手はバットを持って何かをやっています。

投手に投げさせて行う特打、マシン打撃、ティーバッティング、素振り・・・など練習内容は様々です。

そして必ず、反復練習という形で同じ練習を繰り返しています。

何度も何度も同じ動作を繰り返し、自分の身体に動作を覚えこませようとします。

しかし、ここで反復練習を繰り返している野球選手に向けて確認したいことがあります。

それは、

反復練習する目的を理解しているか

ということです。

なぜ、何度も何度も同じ動作を繰り返しているのでしょうか。

仮に何も考えずに反復練習をしているのであれば、その練習は疲れるためにやってるのと変わらないので無意味です。

さらにそれが、失敗していた内容をできるようになるまで繰り返し練習しているのであれば弊害を生み出していることを知らなければなりません。

さて、野球選手は何のために繰り返し反復練習をしているのでしょうか。

反復練習の目的を知るためには、野球の試合において「ピッチャー」と「バッター」がどちらが有利かを考えていくと一つの答えが見えてきます。

>次のページ:野球はピッチャーの方が圧倒的に有利と気づいていますか?

ページ: 1 2 3 4 5

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

イチローがとんでもないボール球でも打てるのはなぜ?

2016年6月26日

走り込み不要論~野球選手に走り込みはいらない/Kindle版【発売開始】

2017年2月10日

大手メーカーの新商品を使えば使うだけ野球が下手になる

2017年9月21日

メジャーリーグのチームが試合前のバッティング練習を廃止した結果

2016年4月17日

打球に飛距離を生み出すために考えなければいけないこと

2016年10月6日

バッターがやるべきこと

2017年3月11日