バッティングで前を大きく振ろうとしても無意味

バッティングで前を大きく振ろうとしても無意味

野球の現場を見ていると、指導者がバッティングをしている打者に向かって、「前を大きくスイングしろ」という指導をしている光景を良く見ます。

指導者が言う通り、力強い(良い)スイングをしようとすると、人体の構造を考えれば前が大きくなるスイングをするべきです。

しかし、このアドバイスには大きな問題点があることにお気づきでしょうか。

それは、

良いスイングとは、前を大きくしようとして大きくするものではなく、良いスイングだから結果的に前が大きくなるものである

という点です。

簡単に言えば、前を大きくスイングしようと意識した所で前が大きなスイングになるわけではありません。

結果的に前が大きくなるようなスイングをするためにはどうすればいいのかを考えなければなりません。

では、どのようにすれば、「前が大きなスイング」を実現することができるのでしょうか。

この答えは、野球選手にとってあらゆるトレーニングをする上でも大切な考え方を含んでいるので、今の間に学んでしまいましょう。

結果の部分を直そうとするのではなく、結果が変わるような何かを変えなければ結果は変わりません。

>次のページ:バッティングにおいて前が大きなスイングを実現する方法

ページ: 1 2 3 4 5

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

インコースを見逃してしまう原因はバッティング技術ではない

2017年5月9日

バッティングは結果的に良くなるようにトレーニングする

2017年5月31日

ホームランを狙わないことは野球選手の未来を奪う。

2016年7月10日

走り込み不要論~野球選手に走り込みはいらない/Kindle版【発売開始】

2017年2月10日

腰を落としても守備は上手くならない

2016年8月20日

インナーマッスルは鍛えても意味がない

2017年1月18日