バッティングが良くならないなら練習を辞める

バッティングで打てない原因は練習量ではない

野球界でありがちなバッティング練習の光景があります。

それは、

試合で打てない、結果がでない時に、「振り込むしかない」、「打ち込むしかない」と考えてとにかくバットを振り続ける

という光景です。

さらにそれでも打てなかったら、

さらにバッティング練習の時間を伸ばし、バットを振り込む本数を増やす

という考え方をします。

そしてまた打てなかったら・・・同じことを繰り返し・・・さすがにいつの日か、打てる試合があるまで振り続けます。

そんな日が来た時、選手や監督、コーチが考える事は何でしょう。

それは、

あれだけバットを振って打ち込んできた結果が身を結んだんだ

というこです。

しかし、確率的に考えれば、たまたま打てる日なんてある程度の練習をやっていればいつか訪れます。

そもそも、練習量が打てない原因だったとしたら、最初の段階では練習をさぼっていたということになります。

本当にそうでしょうか?

誰から見ても苦しい練習をしていないでしょうか?

打てない原因を練習量だと考えている限り、たまたま打てた日があっても次の試合には打てなくなっているでしょう。

それでも打ち続けられた場合は、たまたま上手くかみ合ったか、精神的な問題であっただけです。

打てない原因の根拠を練習量だと考え続ける限り、根本的な上達をすることもなく調子の波に振り回される打者であり続けるでしょう。

>次のページ:バッティングが良くならないなら練習を辞める

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

インコースを見逃してしまう原因はバッティング技術ではない

2017年5月9日

バッティングは待ち方で9割決まる

2016年10月11日

ゴロを打てより遠くに飛ばせがこれからの常識

2016年10月20日

これからのバッティングはバットを振らない

2017年5月11日

野球選手に横隔膜が大切な理由を知っていますか?

2016年6月7日

背筋を鍛えたからといって飛距離が出るわけではない ~バッティングの本質のハナシ~

2016年3月1日