バッティング練習をする前にトレーニングの本質を考えましょう。

バッティング練習をする前にトレーニングの本質を考えましょう。

野球選手の打者であれば、毎日バッティングを良くするために様々なトレーニングをしていると思います。

しかし、その前に考えて欲しいことがあります。

それは

トレーニングとは何なのか

ということです。

トレーニングを意味あるものにするために、まずはトレーニングの本質について考えましょう。

誰しもがトレーニングであれば何でも良いわけではないことを理解しながらも、意味あるものと意味がないものの区別がつけられない現状があります。

今一度トレーニングを見つめ直していきましょう。

>次のページ:きつい練習でもバッティングが上達しなければ無意味

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球選手は足が速くなくても盗塁はできる

2017年10月5日

打者の故障は成長するチャンス?! ~打者がバッティング時に注意する故障~

2016年4月10日

ゴロは腰を落として捕ると捕れなくなる

2017年1月12日

結果が出ないのは練習量が足りないからではない

2016年4月13日

あなたは「風向き」ちゃんと考えてる? ~野球選手がゴルフ選手から学べること~

2016年4月9日

ゴロを打てより遠くに飛ばせがこれからの常識

2016年10月20日