バッティング練習をするなら強打者の条件を定義せよ

バッティング練習をするなら強打者の条件を定義せよ

強打者と呼ばれる人の条件を考えたことがあるでしょうか。

野球選手であれば誰しもが「強打者」になりたいと願っているにも関わらず、この答えを明確にもっている人は少ないのではないでしょうか。

それぞれが独自の理論を持てばいいことなのかもしれませんが、「強打者」になるためには絶対的な条件が存在しています。

強打者すべてに必ず当てはまる条件です。

それは、

フルスイングできること

です。

え・・・そんなこと当たり前じゃないの・・・と思われたかもしれませんが、実はフルスイングできていない人ばかりです。

練習中の話ではありません。

試合中の話です(『バッティングでフルスイングするのは難しいって知っていますか?』)。

フルスイングができない選手に未来はありません。

とはいえ、現在のプロ野球選手の中にも「フルスイング」をしない選手は沢山います。

しかし、そんな選手でさえ「小学校」や「中学校」の頃には「フルスイング」を必ずできていました。

少なくとも「小学校」や「中学校」の時に「フルスイング」をしないような選手は、レベルの高い世界に行くことはありえません。

>次のページ:試合中にフルスイングできない選手は魅力がない

ページ: 1 2 3 4

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

ストレッチはいい加減にやった方が効果があるって知ってた?

2017年3月7日

アッパースイングもダウンスイングも実は同じ

2017年2月6日

芯で捉えられないのはフルスイングをしないからです。

2016年1月30日

これからの野球界は”下剋上”の波が吹き荒れる?!

2016年3月24日

ダウンスイングでもレベルスイングでもどっちでもいい。

2017年3月22日

バッティングの結果は待ち方で決まる

2017年3月15日