野球選手は練習を足し算で考えるのを辞めましょう

野球選手は練習を足し算で考えるのを辞めましょう

練習量と勝敗は決して比例することはありません。

大事なことなのでもう一度言います。

上手くいかないからといって練習を「足す」ばかりでは上達しません。

ここでは、練習をたくさんすることによって、「根性がつく」、「精神的に強くなる」といった精神論的な要素に関しては考えないことにします。

純粋に

練習量を増やせば勝利の確率を高めることができるのか

を考えてみてください。

すると全員が冒頭で伝えたことに同意されるのではないでしょうか。

冷静に考えて、「根性」と「精神力」だけで試合に勝てるでしょうか。

確かに、「根性」や「精神力」を大切にすることで上手くいく人もいるでしょう。

しかし、そんな人は稀で、「根性」と「精神力」がはまらない人もたくさん存在します。

それにも関わらず、大半の野球選手はうまくいかなければ「練習が足りなかった・・・」と考える傾向にあり、もちろん野球も例外ではありません。

例えば、打てなかった次の日は「バッティング練習」をたくさんこなそうとします。

しかしこれは完全に間違いだと断言できます。

>次のページ:闇雲な練習量には何の意味もない

ページ: 1 2 3 4

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

マシンと投手が投げる球速は同じでも体感が違うワケ

2017年3月9日

リストの強さと打球は関係ないって知ってました?~野球の常識はスポーツの非常識~

2015年12月7日

打者の役割を説明できない人は一流にはなれない

2016年11月15日

ゴロを打てより遠くに飛ばせがこれからの常識

2016年10月20日

変化球の打ち方 ~野球選手の多くが変化球を苦手にする理由~

2016年5月30日

野球選手としての「強さ」の定義 ~トレーニングでどう強くなりたいのか~

2016年8月21日