体幹って本当に意味が分かって使ってますか?

体幹って本当に意味が分かって使ってますか?

野球界では「体幹トレーニング」が流行っています。

そのトレーニングの内容を見ていくと、主に「腹筋」や「背筋」を手を変え品を変えトレーニングしているものばかりです。

これでは「体幹トレーニング」としては不十分で、むしろ大した意味がないということをご存じでしょうか。

そもそも「体幹」とは何を意味しているのでしょうか。

野球界の現状を見れば、「体幹」を適切に捉えている人は皆無でしょう。

「体幹」とは「腹筋」や「背筋」だけを指す言葉ではありません。

「体幹」という言葉はもっと広く、厚みがあります。

そして中身までもあります。

それなのに、「腹筋」、「背筋」という極表層的な部分しかトレーニングしていません。

本来の「体幹」で言う所の10%程度でしかないでしょう。

なぜなら、

体幹とは、鎖骨から肩甲棘(けんこうきょく)を結ぶ線から下方、上肢下肢を除く部分

の事を指します。

つまり、腕の付け根から内側、足の付け根から上側、首から下のことを指して「体幹」と言います。

>次のページ:本当の「体幹」トレーニングを行うためには

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球選手が練習で走り込みをやらない勇気が必要な理由

2017年10月14日

バッティング上達の肝は目で見たものを信じないこと

2017年4月12日

バッティングは左打ちが圧倒的に有利な理由

2017年2月14日

その筋トレって何のためにやってるの?【打者編】

2015年10月22日

野球選手に「腹筋」や「背筋」が必要な理由

2017年3月10日

バットを最短距離で出しても打てない?!

2016年5月15日