良い選手のマネをすると下手になる理由~過去の栄光にもすがるな~

まずは人の真似から

スポーツに限らず、あらゆる分野・業界でも定説的に語られる「人の真似」をするところから始めましょう、という話。

さて、この話は実際の所どうなんでしょうか、皆さんはいかがお考えでしょうか。

「人の真似」についてのお話しをする前に、「過去の自分」を振り返ることについて、少しお話ししたいと思います。

過去の自分の真似

あなたは、バッティングの調子が悪くなると、過去の良かった時のビデオや写真を見て、その時の感覚や、フォームなどを取り戻そうとしたりしていませんか?

このことに関して言うと、間違いなく、やめた方がいいと言い切ることができます。

それは、「過去の時点」での身体や心の環境は、「現時点」とはまったく違う状態なので、動画や写真を眺めても、身体や心の状態は、同じにはなりません。

ことスポーツにフォーカスすれば、基本的なパフォーマンスを示す基本となるのは、身体と精神状態です。そこに+αの技術がのっかっているイメージではないでしょうか。

その基本となる身体や精神状態が異なるのにも関わらず、「過去の時点」の技術を上書きできたとしても、そこには同じ結果はまっていません。

それどころか悪くなる可能性の方が高いのではないでしょうか。

言い換えれば、過去の自分を真似る、ことには進化もないのは当然のこと、後退してしまう可能性の方が高いということです。

有名選手の真似

上でお話しした「過去の自分を真似ること」というのは「他人を真似ること」と同義ではないでしょうか。

有名選手などの身体は千差万別、また有名選手でなかろうが、人の身体とは十人十色です。

ある結果を出している選手は、運的な要素も含め、必死な努力の結果、「その人に合った」、「その時に」ベストなフォームを手に入れ、結果を出しているにすぎません。

あなたにはあなたの、現時点にあったベストなフォームがあるはずです。

それを人のフォームを真似したところで、完璧に真似することが難しい上、実際に真似たところで結果を出すことは難しいでしょう。

あなたとその選手の身体はまったく違うのですから。

チームの合宿などで皆さんの前でモノマネを披露して笑われて終了がオチでしょう、、、。

そんな宴会芸で終わってしまったら、大好きな野球をやっていることからすると本末転倒ではないでしょうか。

分かりやすくて最も難しい「リラックス」

では、どうすることで、バッティングフォームをより良い形にすればいいのでしょうか。

この答えは意外とシンプルなので、あまり考えすぎないようにしましょう。

それは・・・

 

自分が最もリラックスした構え方を模索すること

 

です。

何をいまさら・・・と思われた方、あなどるなかれ、人間にとって「リラックス」を意図的につくることは、かなり難しいことです。

リラックスした構えから、インパクトの瞬間にのみ最大の力を集約してスイングすることを実現できれば、そのための構え方は、乱暴な言い方をすればなんでも構わないし、その方法は千差万別です。

人の真似をする暇があれば、もっとも分かりやすく、ただ実現が困難な「リラックスした構え」について自分の身体と対話する時間を大切にすることの方が現実的です。

ただ、この「リラックス」という言葉、追及すればするほど、どれだけ難しいか分かって頂けると思います。一度、この記事を機会に、自分の身体に聞いてみることをおススメいたします。

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

takebat.com1週間まとめ記事(2016年2月8日~2月14日ver.)

2016年2月15日

プロ野球選手、治療家、トレーナーもびっくり! ~「即効体感型トータルボディ―ケアスプレー【SPARK/スパーク】」~

2016年1月21日

takebat.com1週間まとめ記事(2016年1月25日~1月31日ver.)

2016年2月1日

takebat.com~1週間まとめ記事(2016年5月23日~5月29日ver.)

2016年5月30日

takebat.com~1週間まとめ記事(2016年4月18日~4月24日ver.)

2016年4月25日

takebat.com~1週間まとめ記事(2016年5月2日~5月8日ver.)

2016年5月9日