野球界のトレーニングが根本的に間違ってしまう理由

野球界のトレーニングが根本的に間違ってしまう理由

野球界のトレーニングに対する概念は根本的に間違っています。

それは、

プロスポーツ選手のトレーニング方法を真似してしまうから

です。

真似することの何が悪いのか・・・と思われた方が大半ではないでしょうか。

上手い人の真似をすることが正しいという考え方を大半の人が持っていることで野球界が中々変化しないという面を持っているのですが、その話は本題とそれるのでまた別の機会に。

では、一見正しいように思えるこの考え方の何が悪いのでしょうか。

それは

あるプロ野球選手が行ったトレーニング方法は、たまたまその選手の身体に適していて結果が出たに過ぎないから

です。

そのため、プロ野球選手が行った方法を真似したところで同じような成果が出るという保証はありません。

保証がないどころか、悪い方向性に行く可能性の方が高いぐらいです。

人間の身体は、野球界の人が思っている以上に人それぞれ異なっており、その結果その人にあったトレーニング方法は違っていて当然です。

そのため、本気で野球を上達したいのであれば、自分に合ったトレーニング方法を自分で模索しなければ達成することができません。

プロにまで行くことができるような人間は、そもそも普通の人と違った考え方を持っている人間の集まりです。

そんな人たちと同じ行動をとったところで同じ結果が得られるとは限らないと想像がつきそうな話です。

しかし、野球界は縦社会の傾向が強いため、目上の人や立場が上の人の言うことは素直に聞き入れてしまう傾向があるため、現在の傾向を生み出しているのかもしれません(『これからの野球選手が上達したければ常識を疑うこと』)。

>自分に合ったトレーニング方法の探し方

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

リストを鍛えても解決しません ~バッターが打ち負けないためにやるべきこと~

2015年12月24日

バッティングに必要なのは「ひねらず」に「螺旋状」に力を伝えること?!

2016年6月27日

野球界が発展するために現代の野球選手に必要なこと

2017年1月31日

ボールを平行に見ようとするから打てません ~斜めにボールを見るススメ~

2016年1月23日

バッティングをする時にヘッドは下がらなければバットを振れない

2017年6月9日

「体幹トレーニング」の「体幹」ってなんのこと? ~本当の「体幹」を鍛える唯一の方法~

2016年3月9日