野球選手に必要なことは筋トレではなく動作効率を高めること

野球選手が筋トレをするとパフォーマンスが上がるのか?

タイトルから「筋肉を鍛える必要がない」と捉えた方は、まさにそんな方が行う「筋トレ」は野球選手として意味をなしていないでしょう。

何も、「筋肉が必要ない」と言っているわけではなく、その「筋肉の付け方」に意味がないと言っているわけです。

その理由は、かなり根本的なことを考えれば答えが見えてきます。

それは、

筋トレをすれば何が良くなるのか?

ということです、

恐らく大半の野球選手がこんなことを考えていないでしょうか。

・筋トレをして筋肉を大きくすればホームランが打てる
・筋トレをして筋肉をたくさんつければ速い球が投げられる

果たして、この根拠はどこにあるのでしょうか。

何となく筋肉量が多ければ、スポーツマンとしてのパフォーマンスが高いような気がします。

しかし、その根拠はまったくないことに気づかなければいけません。

だいたいが感覚的なこと、もしくは経験値のようなものからトレーニング内容が築きあげられています。

経験値のようなもの・・・と記したのは一流選手が〇〇というトレーニングをやって結果が出たから・・・という類の話です。

しかし、その選手も〇〇というトレーニングで結果が出たかは眉唾物です。

なぜなら、その選手も〇〇というトレーニング以外やっていなかったなんてことはありえないからです。

もっと他の要因による可能性もあるのに、分かりやすいトレーニングばかりが注目されてしまいます。

もし、その〇〇の内容が筋トレに関するものなら、ほぼ関連性はないと言っていいでしょう。

>次のページ:野球選手に必要なのは筋トレではなく動作の中での力強さ

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

ストレッチの正体を知る。

2017年11月29日

打者の故障は成長するチャンス?! ~打者がバッティング時に注意する故障~

2016年4月10日

筋トレがもたらす負の効果を知っていますか? ~野手の故障No.1「肉離れ」の正体~

2016年2月27日

バッティングにスイングスピードはいらない

2017年2月13日

打者がバッティングトレーニングすべきことは1つだけ

2016年10月14日

バッティングのトレーニングで苦手なコースを克服する方法

2016年10月5日