インナーマッスルは鍛えても意味がない

インナーマッスルは鍛えても意味がない

野球選手、なかでも投手は、チューブなどを使って肩関節の周辺のトレーニングをよくやっています。

いわゆる「インナーマッスル」と呼ばれる筋肉を鍛えているトレーニングです。

さて、そんな「インナーマッスル」ですが、本当に鍛えて意味があるのかどうか検証してみたことはあるでしょうか?

インナーマッスルは鍛えた方が良いと聞くからトレーニングをやっているといった程度ではないでしょうか。

「takebat.com」では、

インナーマッスルを鍛えても意味がない

と考えています。

全く無意味であるとまでは言わないまでも、「インナーマッスル」の役割も知らずに鍛えていることが多い野球選手にとっては鍛える意味はないでしょう。

むしろ「インナーマッスル」を無駄に疲労させてしまえば大きな故障に繋がりかねないので無意味どころか邪魔になっている選手もたくさんいます。

まず「インナーマッスル」の正体、その役割を知っておく必要があります。

その正体を知れば、そこまで単純に鍛えられるものではないことが理解できるはずです。

次のページ:インナーマッスルの役割とは

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球選手に筋トレは必要ない?!

2016年5月16日

坂本勇人選手と糸井嘉男選手のバッティングの共通点

2016年8月1日

打者の役割を説明できない人は一流にはなれない

2016年11月15日

野球選手に冷たくて甘いものは危険です。

2016年11月25日

野球界が発展するために現代の野球選手に必要なこと

2017年1月31日

野球を一度辞めると上手くなる

2016年9月4日