インナーマッスルは鍛えても意味がない

インナーマッスルは鍛えても意味がない

野球選手、なかでも投手は、チューブなどを使って肩関節の周辺のトレーニングをよくやっています。

いわゆる「インナーマッスル」と呼ばれる筋肉を鍛えているトレーニングです。

さて、そんな「インナーマッスル」ですが、本当に鍛えて意味があるのかどうか検証してみたことはあるでしょうか?

インナーマッスルは鍛えた方が良いと聞くからトレーニングをやっているといった程度ではないでしょうか。

「takebat.com」では、

インナーマッスルを鍛えても意味がない

と考えています。

全く無意味であるとまでは言わないまでも、「インナーマッスル」の役割も知らずに鍛えていることが多い野球選手にとっては鍛える意味はないでしょう。

むしろ「インナーマッスル」を無駄に疲労させてしまえば大きな故障に繋がりかねないので無意味どころか邪魔になっている選手もたくさんいます。

まず「インナーマッスル」の正体、その役割を知っておく必要があります。

その正体を知れば、そこまで単純に鍛えられるものではないことが理解できるはずです。

次のページ:インナーマッスルの役割とは

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球界の常識的なアドバイスに踊らされてはいけない

2017年3月16日

野球のバッティング技術を向上させるなら、剣道の面打ちが効果的

2015年11月13日

バッティングは結果的に良くなるようにトレーニングする

2017年5月31日

リストを鍛えても解決しません ~バッターが打ち負けないためにやるべきこと~

2015年12月24日

ボールをよく見ているから打てません ~周辺視野は皆が使っている~

2016年7月4日

野球界の劇的な変化はもうそこまで来ています。 ~10年先の常識は何なのか~

2016年4月3日