バッティングを向上させるためにフォームはつくらない

バッティングを向上させるためにフォームはつくらない

「投手」であれ、「打者」であれ、本気で上達したいのなら、「フォーム」というのを作ろうとしてはいけません。

ちょっと矛盾しているように感じてしまうかもしれませんが、

フォーム作りをしないようにフォーム作りをすることが大切

です。

少しわかりにくいと思うので解説していきます。

なぜ「フォーム」を作ってはいけないのかというと、

「フォーム」というのは無意識の内に行っているものだから

です。

「無意識」のうちにやってしまっていることを、「意識的」にやろうとすることに無理があります。

それにも関わらず、野球界では「精神論」というやっかいな考え方が存在するため、「意識的にできること」と「無意識にしていること」が混在して考えらています。

そのため、

意識してする練習と意識しないでできるようになる練習を分ける

必要があります。

例えば、「インパクト」の瞬間に「バット」の「ヘッド」がどうなっているか・・・というのを意識することができるでしょうか。

ゆっくり振れば「認識」することができても、実際のバッティングする場面では、意識していては打つことなんてできません。

それにも関わらず、「ヘッド」の位置を気にして練習したりします。

そんな練習を繰り返した所で身につくことはありません。

それではどんな練習をすればいいのでしょうか。

それは、

意識できない領域に入る前段階、またはその後段階を意識すること

です。

つまり

実際に意識できる部分に変化を与えて、意識できない部分を変化できるようなことを意識する

ということです。

「バッティング」で言えば、「構え方」の部分がそれに当てはまります。

「スイング」を変えようとしても、無意識の内の出来事なので変えようがありません。

そんな意識しようのないようなものを変えようとした時には、「変わっちゃった」「よくなっちゃった」という表現が当てはまるようなトレーニングをする必要があります。

バッティングが気づけばよくなっているトレーニング方法

では、具体的にどのようなトレーニング方法があるのでしょうか。

最もおススメなのは、

MONOBUNを使ったトレーニング方法

です。

「MONOBUN」という「トレーニングアイテム」を活用すれば、「バッティング」に関する全ての悩みを解決することができます。

「MONOBUN」は、極端な言い方をすればどんな「スイング」でも構いません。

・・・というのは極端すぎますが、自由に「スイング」していいものです。

特に決まった使い方はなく、自分が思う「スイング」のまま使用して構いません。

その中で「爆風音」がなるように、微調整をしていけば、いつしか「爆風音」を鳴らすことができます。

そして「爆風音」が鳴った時には、自分の身体を効率的に使うことができています。

つまり、その選手が本来もつ力をロスすることなく伝達し、インパクトの瞬間に100%の力を伝えることができます。

「MONOBUN」は、一般的に良いとされる「スイング」ができていたとしても鳴りません。

あくまで一般的に良しとされる「スイング」であって、あなたにとってベストなスイングではないかもしれないからです。

つまり「MONOBUN」の「爆風音」を鳴らすことに意識していれば、自然とその他の「動作(スイング)」がその人の身体に最適化されていきます。

「MONOBUN」の「爆風音」という誰もが判断できる基準を満たせば、無意識化で行っていることに変化が現れ、その「バッティング」の形こそが、その選手にとって理想的な「スイング」を実現してくれます。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がありません(『マスコットバットはスイングスピードを遅くする』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

なぜなら「MONOBUN®」には、もう一点優れたポイントがあります。

それは、「調子の波を感じることができる」ということです。

普段は「MONOBUN」を振って「爆風音」を鳴らしていた選手が、調子を崩すと必ずといって「爆風音」を鳴らすことができなくなります。

同じ意識で振っていれば「爆風音」が鳴らなくなるのは当然で、人間の身体は常に変化しているためです。

そんな微細な変化すら「MONOBUN」は感知し、体感させてくれます。

調子を崩し始めるその前に「MONOBUN」を振って、「爆風音」を鳴らすことができる「あなたに合った効果的な身体の使い方」を実現しておきましょう。

そして実際のボールを打つ感覚を得るためには、本気で技術を手に入れたい人のために開発された「木製バット」である、炭化竹バット「WINDOM」を使用しましょう。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

痛くない・折れにくい・技術が身に付く「炭化竹バット/WINDOM」
「MONOBUN」を使って「スイングフォーム」を手に入れた後は、実際の「ボール」を打つときにも同じ「スイング」を実現させる必要があります。

そんな時にはできる限り「木製バット」で練習することをおススメします。

今や、「金属バット」では「バッティング技術」が身につかないことは常識となっています(『金属バットで練習しても技術は伸びないって知ってた? ~炭化竹バットのススメ~』)。

では、「木製バット」で練習すればいいのでは・・・という話になると思いますが、ハナシはそんなに簡単ではありません。

「木製バット」は扱い方を間違えてしまうと簡単に折れてしまいます。

湯水の如く資金力があるのであれば、いくら折っても問題ないと思いますが、そんな環境下にある選手は多くはないでしょう。

そこで昔から使用されていたのは「竹バット」であったわけですが、そんな「竹バット」には「ボール」を捉えた時の「手のひらの激痛」という問題がありました。

そんなすべての問題を解決した「バット」こそが「炭化竹バット/WINDOM」です。

「MONOBUN」を使って適切な「構え方」と「スイング」を手に入れ、「WINDOM」によって実際のボールを捉える練習をすれば、「バッティング」の見違えるような変化に驚くでしょう。

▼「WINDOM/ウィンダム」の詳細はコチラ▼

headerimg_windom

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

バッティングは回転を意識してはいけない

2017年3月25日

専門家が言う「左右対称」に鍛えることは正しいのか? ~人間の身体はそもそも左右対称ではない~

2016年3月30日

テイクバックをとるとボールが揺れる?! ~テイクバックをとるから打てません~

2016年1月24日

野球選手の筋トレの代償を考えたことがありますか?

2017年10月8日

体幹がなぜ大切か知っていますか? ~体幹はあくまで「ハブ」であるだけ~

2016年2月25日

バッティングに必要な相手投手の癖の見抜き方

2017年3月5日