野球選手に下半身の強さはいらない

野球選手に下半身の強さはいらない

野球選手にとって、あらゆるプレーで「下半身」がとても重要な役割をしています。

そして「下半身重要説」は昔から呪文のように繰り返し伝えられています。

しかし、だからと言って

「下半身が大切」だから「トレーニングが必要」で鍛えることが大切だということではない

ということを理解しているでしょうか。

冒頭のタイトルで勘違いを起こしている人がいらっしゃるかもしれないので、冒頭で説明を加えておきます。

下半身の強さは野球選手にとって重要ではあるものの、現在の野球界が考えるような下半身の強さは必要ありません。

つまり、

野球界が考える「下半身の強さ」の定義が間違っている

ということです。

現在の野球界では、

「下半身」が大切だから筋肉をつけて大きくしなければならない

と考えています。

その結果、日が暮れてもランニングを続け、本職であるマラソン選手から笑われ続けています。

「下半身」が大切だから「筋肉」をつければいいというわけではありません。

つまり、「下半身の強さが野球選手にとっていらいない」というのを正確な言葉で言い換えれば、

現在の野球選手が考えている「下半身の強さ」は野球選手にとって必要ない

と考えてください。

>次のページ:下半身が野球選手に大切な本当の理由

ページ: 1 2

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

甲子園に2度出場し、社会人野球で全国1位を経験して思うこと

2017年4月6日

大会直前の「調整」練習に意味はありません ~大会にベストコンディションで挑む方法~

2016年6月13日

坂本勇人選手と糸井嘉男選手のバッティングの共通点

2016年8月1日

打者の故障は成長するチャンス?! ~打者がバッティング時に注意する故障~

2016年4月10日

バッティングをする時に左脇を閉めろ・・・なんて大嘘。

2017年4月19日

バッターがやるべきこと

2017年3月11日