技術がないから試合に出られないわけではない

技術がないから試合に出られないわけではない

野球というスポーツに限らずですが、試合に出場できないとaいうことに関して簡単な言い訳の仕方が存在しています。

それは、

・「技術がない」
・「下手だから仕方ない」

などという言い訳です。

かなり厳しい言い方ではありますが、この二つは「ただの言い訳」意外の何物でもありません。

野球で試合に出場できる人数はスタメンで9名、ベンチ入りで20名前後と決まっています。

この人数にだけ試合への出場チャンスが与えられます。

しかし、ここで考えて欲しいことが一つあります。

この出場権を得ている選手が全て

技術があり、野球が上手で、オールマイティーな選手なのか

ということです。

決してそんなことはないはずです。

オールマイティーな選手など1チームに1人いるかいないかです。

つまり、大半の選手には不得意部分があるということです。

しかし、それでも試合に出場している選手が存在しているわけです。

では、試合に出られるか出られないかを分けているものとは何でしょうか?

練習すれば出場できるが最も危険な考え方

この試合に出場できるかどうかを分ける要因について、真剣に検証する選手はほとんどいません。

大半の選手が、検証せずにただ黙々と練習してしまいます。

それは、

練習すれば試合に出場できると考えることが最も楽な方法だから

です。

人間はできる限り楽に考えようとしてしまいます。

そして身体を動かすことで適度な疲労感を感じるとがんばったような気持ちを得ることができます。

しかし

どれだけ頑張っても試合に出場しなければ意味がない

ということを忘れてはなりません。

どんな批判も覚悟しますが、野球人としては試合に出場しなければ野球をやっている意味なんてありません。

どんなに不調で、どんなに不得意なことがあろうと、試合に出場しなければなりません。

それぐらい1試合に出場することは、野球人生において重要です。

それくらい大切なことに

「練習すれば試合に出られる」と考えて、ただ黙々と練習することが如何に危険なギャンブルか

お分かりいただけるでしょうか。

この言葉は、あくまで指導者である大人達が、選手達をコントロールしやすくするための魔法の言葉です。

試合に出場できるかどうかの壁

では、試合に出場するためにはどうすればいいのでしょうか。

今までの記事でもいくつか記してきたので、そちらもあわせてご確認ください。

幾つか例をあげますので頭に入れながら自分で検証してみてください。

考えることとしては

・チームのマイナスの部分は何か考える
・チームのどこのポジションが弱いのか考える
・チームのどこの打順が弱いのか考える
・チームのどこの打順が機能していないのか考える(打順によっての役割が異なるので)
・監督のチーム方針を考える

などです。

上記の5つが完璧に把握できて、それに合わせた練習をしていれば間違いなく試合への出場権は与えられます。

全てとは言わなくても、いくつかクリアするだけで、出場の確率は高まるでしょう。

技術が飛び抜けてあることには越したことはありませんが、試合に出る選手の誰しもがそうであるとは限りません。

失敗する人もいればなかなかうまく行かない選手もいます。

かりに技術が飛びぬけていても、チームが変わり、ステージが変われば必ずといって新たな壁が存在します。

しかしその中でも必ず、よく考え諦めなければ突破口が見えるものです。

あなたのチームの4番バッターがほかのチームにいっても必ずしも4番バッターということはないはずです。

仮にそうだとしても、後の枠は8個あります。

「上手くないから」、「下手だから」、「技術がないから」といって考えることを諦めるのは辞めましょう。

試合には案外簡単なことで出ることができるかもしれません。

今いるチームのことをよく考えて、どうしたら試合に出れるポジションに立てるのか考えていきましょう。

とにかく、まず試合に出ること、出続けることだけを考え続けましょう。

その結論が、本当に練習量で出場を決めている監督なのであれば、練習量でなんとか出場すれば良いわけです。

ただ蓋をあけてみれば、そんなチームはほとんど存在しないし、あったとしても先がないチームでしょうね。

バッティングで実現しなければいけないこと

では例えば、「バッティング」を上達させる上で、誰にでもあてはまる唯一の表現とは何でしょうか。

それは、

自分の身体全体の力をロスすることなくインパクトの瞬間に100%を伝えること

です。

これさえできれば、「スイング」や「フォーム」なんてなんでも良いのが野球です。

人間は何かの「動作」をする時、必ずたくさんの関節や筋肉、骨、神経を活用して動いています。

そんな時に各部のエネルギーが伝達されているわけですが、伝え方が悪いと伝達の過程で力をロスしてしまっています。

反対にその伝達がスムーズにいけば、一つの「筋肉」だけでは到底生み出せないようなエネルギーを発揮することができます。

「takebat.com」が「筋トレ」をおススメしない理由は、この伝達を妨げる行為になるためです(『野球選手に筋トレはいらない理由まとめ ~あなたは筋トレで何をやりたいのか~』)。

しかし、ここで一つ問題が発生します。

それは、

身体の効率的な使い方は人それぞれであること

です。

人間の身体というのは、外見上は似通っていても、各部を詳細に見ていけば全くの別人です。

さらに、昨日の自分と今日の自分というレベルでさえ別人と言っていいほど異なります。

そんな人間の「効率的な使い方」なんてバラバラすぎで指導のしようもありません。

自分の身体を効率的に使ってインパクトの瞬間に100%の力を伝えるためのトレーニング方法

では、そんな人それぞれの身体の使い方を知るためにはどうしたらいいのでしょうか。

それは

「MONOBUN」を使ったトレーニングを取り入れる

ことです。

この「MONOBUN」を使えば、「バッティング」に関する全ての悩みを解決することができます。

「MONOBUN」は、極端な言い方をすればどんな「スイング」でも構いません。

・・・というのは極端すぎますが、自由に「スイング」していいものです。

特に決まった使い方はなく、自分が思う「スイング」のまま使用して構いません。

その中で「爆風音」がなるように、微調整をしていけば、いつしか「爆風音」を鳴らすことができます。

そして「爆風音」が鳴った時には、自分の身体を効率的に使うことができています。

つまり、その選手が本来もつ力をロスすることなく伝達し、インパクトの瞬間に100%の力を伝えることができます。

「MONOBUN」は、一般的に良いとされる「スイング」ができていたとしても鳴りません。

あくまで一般的に良しとされる「スイング」であって、あなたにとってベストなスイングではないかもしれないからです。

つまり「MONOBUN」の「爆風音」を鳴らすことができていれば、自然とあなたの身体にあったスイングを手に入れることが可能で、特に身体の使い方を考えずに、どうやれば「爆風音」を鳴らすことができるかに集中すればいいということになります。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がありません(『マスコットバットはスイングスピードを遅くする』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

なぜなら「MONOBUN®」には、もう一点優れたポイントがあります。

それは、「調子の波を感じることができる」ということです。

普段は「MONOBUN」を振って「爆風音」を鳴らしていた選手が、調子を崩すと必ずといって「爆風音」を鳴らすことができなくなります。

同じ意識で振っていれば「爆風音」が鳴らなくなるのは当然で、人間の身体は常に変化しているためです。

そんな微細な変化すら「MONOBUN」は感知し、体感させてくれます。

調子を崩し始めるその前に「MONOBUN」を振って、「爆風音」を鳴らすことができる「あなたに合った効果的な身体の使い方」を実現しておきましょう。

そして実際のボールを打つ感覚を得るためには、本気で技術を手に入れたい人のために開発された「木製バット」である、炭化竹バット「WINDOM」を使用しましょう。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

痛くない・折れにくい・技術が身に付く「炭化竹バット/WINDOM」

「MONOBUN」を使って「スイングフォーム」を手に入れた後は、実際の「ボール」を打つときにも同じ「スイング」を実現させる必要があります。

そんな時にはできる限り「木製バット」で練習することをおススメします。

今や、「金属バット」では「バッティング技術」が身につかないことは常識となっています(『金属バットで練習しても技術は伸びないって知ってた? ~炭化竹バットのススメ~』)。

では、「木製バット」で練習すればいいのでは・・・という話になると思いますが、ハナシはそんなに簡単ではありません。

「木製バット」は扱い方を間違えてしまうと簡単に折れてしまいます。

湯水の如く資金力があるのであれば、いくら折っても問題ないと思いますが、そんな環境下にある選手は多くはないでしょう。

そこで昔から使用されていたのは「竹バット」であったわけですが、そんな「竹バット」には「ボール」を捉えた時の「手のひらの激痛」という問題がありました。

そんなすべての問題を解決した「バット」こそが「炭化竹バット/WINDOM」です。

「MONOBUN」を使って適切な「構え方」と「スイング」を手に入れ、「WINDOM」によって実際のボールを捉える練習をすれば、「バッティング」の見違えるような変化に驚くでしょう。

▼「WINDOM/ウィンダム」の詳細はコチラ▼

headerimg_windom

 

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

強打者の条件 ~強打者なるためのバッティング

2016年10月18日

野球選手にとって必要なトレーニングとは何なのか? ~プロレスリングNOAH/金丸義信氏インタビュー~

2016年4月27日

軸がぶれないバッティングとは何なのか

2017年5月24日

野球選手がシーズンオフにキャンプやトレーニングする意味はない

2016年11月26日

バッターの手首の怪我・故障は減らせるのか?? ~バッターが怪我・故障を減らす方法~

2016年5月27日

バッティングにおいて隙のない構え方ってどんな構え方?

2016年11月13日