ホームランを打つために必要な3つの要素

ホームランを打つために必要な3つの要素

打者にとって最も気持ちいい瞬間とはなんでしょう。

そして何度でも感じたい瞬間とはなんでしょう。

それは皆さんが一度は感じたことがあるものです。

それは、

バットを振ってボールを捉えた瞬間にボールの重みを大して感じることなく「スコンッ!」と振り抜くことができる感覚

です。

決まってそんな時は強く飛距離の出る打球が実現できて、簡単にオーバーフェンスしてしまうこともあったはずです。

一度こんな感覚を体感してしまうと忘れることができなくなってしまい、次からも同じ感覚を得たいがために来る日も来る日も練習してしまいます。

では、そんなホームラン級の当たりを打つためにはどうしたらいいのでしょうか。

最低限気をつけなければいけないことをお伝えしていこうと思います。

まず、当たり前のことですが、ホームランを打つためにはとにかく飛距離を飛ばすことが必要です。

では、飛距離を飛ばすためにはどうすればいいのでしょうか。

そんな時に間違えやすい考え方が、「スイングスピードが早ければいい」と考えてしまうことです(『バッティングに必要なことはスイングスピードではない』)。

飛距離を出すためのポイントは

インパクトの瞬間にどれだけ大きな力を伝えることができるか

です。

さらに、それだけでは強い打球を打つことしかできないので追加のポイントがあります。

それは、

飛距離が出る適切な角度でボールを打ち、できる限り前側のポイントでインパクトを迎えること

です。

ただし、これには注意点があります。

それは

インパクトのポイントは前にもっていっても体は後ろに残す必要がある

ということです。

簡単に言えば、体がつっこんでしまってはいけないということです。

矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、インパクトの瞬間に最大限の力を発揮している時には人間の身体の構造を考えれば、体は自然と後ろに残ります。

「体は後ろに残しつつ、エネルギーを前に送り出す方法」ができなければ、ホームランを打つことは実現しないでしょう。

これは見た目のハナシではありません。

見た目よりも「力の伝わり方」、「力の生まれ方」のハナシです。

バッティングをしていて最も楽しく嬉しい瞬間は、間違いなく「ホームラン」を打った瞬間です。

そんなホームランを量産したいのであれば筋肉を鍛える前に、体の使い方を知ることが重要になってきます(『野球選手に大切なのは「動作」です。 ~野球選手に「筋トレ」が意味をなさない理由~』)。

まとめるとホームランを打つために必要なことは以下の3点です。

1.インパクトの瞬間にいかに大きな力を伝えられるか
2.飛距離が出る適切な角度でボールを打つことができるか
3.できるだけ前側のポイントで打つことができるか(ただし重心は後ろに残さなければいけない)

それでは上記の3点を注意してホームランを打つことができるようになるためのスイングは何か研究してみましょう。

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

バッティングはストライクゾーンを振ることがベストなわけではない

2016年10月29日

バッティングでバットが最短距離で出るのは結果論

2016年11月1日

ホームランを打つ練習ってなぜしないの? ~ホームランの打ち方~

2016年7月13日

野球選手は主張が足りないから成長しない

2017年4月4日

野球選手は甘えすぎという現状を理解しましょう。

2016年7月22日

腰を落としても守備は上手くならない

2016年8月20日