バッティングでバットが最短距離で出るのは結果論

バッティングでバットが最短距離で出るのは結果論

打者がバッティングをする際に何よりも考えなければいけないことは、インパクトの瞬間に持っている力の100%を発揮することです。

そのためにはエネルギーを効率的に伝えるようなバッティングフォームをしていなければいけません。

そんな効率的なフォームを手に入れられれば、詰まることや泳がされることが極端に減ります。

しかし、効率的な身体の使い方をしたバッティングフォームというのは人それぞれ異なっています。

その理由は明白で、人間の身体の構造は一人一人異なっているためです。

つまり、全ての選手に当てはまるようなバッティング理論は存在しえないということになります。

では、指導者は何もアドバイスできないのか・・・というとそんなことはありません。

どんな選手にとっても変わらない事実というのが存在しています。

それは、

最短距離でバットを出すこと

です。

しかし、これは意識するというより結果論のハナシです。

効率的なバッティングフォームを追求してくと、最短距離でバットがインパクトの瞬間までやってくるというイメージです。

そして、「最短距離でバットを出す」といった類の話がされる時に良く忘れられていることがあります。

それは

ミートポイント(インパクトの瞬間)は常に変化する

ということです。

一つのポイントだけに最短距離でバットを出せたとしても試合では役に立ちません。

ミートポイントは、前になったり、後ろになったり、インコースやアウトコースになったりと変化します。

常に同じポイントだけ打つことはありえません。

投手が投球するボールに対して打者が対応する形で初めてバッティングをすることができます。

そんなあらゆるケースに合わせたミートポイントに対して、バットの軌道を最短距離でもっていかなければいけません。

最短距離の移動をここまで重要視することは、最もエネルギーをロスすることなくインパクトの瞬間を迎えることができるからです。

>次のページ:イチロー選手は最短距離でバッティングしていない?!

ページ: 1 2 3 4 5

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

方法は1つしかありません。 ~守備範囲を広げるたった1つの方法~

2016年2月6日

打者がシーズンオフに必要なことは常識と真逆だったという事実

2015年12月26日

ホームランを打つ練習ってなぜしないの? ~ホームランの打ち方~

2016年7月13日

練習では打てても試合では打てない理由

2016年8月11日

野球選手に冷たくて甘いものは危険です。

2016年11月25日

今やっているトレーニングは本当に野球のためですか?

2017年3月21日