バッティングの「力の伝え方」を考えたことがありますか?

バッティングの「力の伝え方」を考えたことがありますか?

「バッティング」は「力の伝え方」がすべてです。

適切にいけば力強く遠くまで飛ぶ打球が打てて、不適切であれば異なる結果がでるだけです。

ところで、「バッティング」における「力の伝え方」とはどういう意味でしょうか。

当然ながら「木製バット」と「金属バット」では硬さが違うため、「力の伝え方」が変わってくるのは想像に難くないと思います。

「木製バット」と「金属バット」での「力の伝え方」の違いを見ていくことで、「バッティング」に重要な「力の伝え方」とは何なのかを見ていきましょう。

>次のページ:木製バットの力の伝え方

ページ: 1 2 3 4 5

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

バッティングのトレーニングをする時に考えること

2017年1月9日

あなたはまさか「ボールをよく見て」打とうとしてませんよね?

2015年11月24日

ホームランを打つためのバットへの当て方を知っていますか?

2017年1月21日

好打者ほどテイクバックをとらない

2017年10月15日

ダウンスイングをすることのデメリットを考えていますか?

2016年12月15日

バッティングが上手くいかない原因は目で見えるもので判断するから

2017年4月1日