バッティングトレーニングのポイント ~三振をしないために必要な2つのこと

バッティングトレーニングのポイント ~三振をしないために必要な2つのこと

「打者」なら「三振」はできるだけしたくないものです。

「三振」は「打者」にとってなんとなく屈辱的な負け方です。

「三振」してベンチに帰っていく時は、なんともいたたまれな気持ちになります。

「三振」はあまり良いイメージがありませんよね。

さらに「見逃し三振」となると、屈辱的な思いは増してしまいます。

そんなできることなら避けたい「三振」はどうすれば回避することができるのでしょうか。

本日は、そんな「三振」を避けるためのバッティングの秘訣について記していきたいと思います。

>次のページ:バッティングで「三振」をしてしまう理由

ページ: 1 2 3 4

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

イップスはバッターでも発症する病

2017年2月22日

強く飛距離のでるバッティングをするためのポイントは1つだけ

2017年5月3日

うさぎ跳びは効果的なトレーニング ~うさぎとびが「膝」や「腰」に悪いのは嘘~

2016年3月13日

金属バットでは技術はつかない ~木製バットで本物の足腰を手に入れる~

2015年12月17日

野球選手と指導者との溝が埋まらない野球界

2017年6月13日

野球選手が勉強することによって得られるメリット

2017年11月1日