バッティングトレーニングのポイント ~三振をしないために必要な2つのこと

バッティングトレーニングのポイント ~三振をしないために必要な2つのこと

「打者」なら「三振」はできるだけしたくないものです。

「三振」は「打者」にとってなんとなく屈辱的な負け方です。

「三振」してベンチに帰っていく時は、なんともいたたまれな気持ちになります。

「三振」はあまり良いイメージがありませんよね。

さらに「見逃し三振」となると、屈辱的な思いは増してしまいます。

そんなできることなら避けたい「三振」はどうすれば回避することができるのでしょうか。

本日は、そんな「三振」を避けるためのバッティングの秘訣について記していきたいと思います。

>次のページ:バッティングで「三振」をしてしまう理由

ページ: 1 2 3 4

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

バッティングにおいて隙のない構え方ってどんな構え方?

2016年11月13日

バッティングで打球の方向を自由自在に操る方法

2016年1月26日

ダウンスイングって良いの? ~ダウンスイングの正体~

2016年6月19日

野球選手は無駄だと言われる練習をする勇気が必要

2017年1月16日

野球界の練習内容に科学的根拠はありますか? ~野球界の練習がまったく進化しない異常事態~

2016年3月6日

バッティングはフルスイングしないと芯でとらえられない

2017年3月13日