芯で捉えられない最大の原因はフルスイングをしないから

芯で捉えられない最大の原因はフルスイングをしないから

野球選手であれば誰でも、「バッティング」をやる時に最もきにかけている一つに「バット」の「芯」でとらえるということがあります。

そのために練習を繰り替えていると思いますが、どうやったら「芯」でとらえやすくなるのかを考えたことはあるでしょうか。

大半の野球選手が「バット」に「ボール」を当てるために考えていることは以下のようなことではないでしょうか。

・ボールをよく見て、バットに当てるように振る
・芯で捉えられるように振らないと当たるようにならない

され、これは本当でしょうか?

これは実際の「バッティング」をするときのことを考えれば分かります。

記憶ではなく、実際の瞬間です。

本当にあなたはよくボールを見たり、当てようと思って振っていたりするでしょうか?(『ボールをよく見たら打てない』)

実際の試合では、「バッティング」の瞬間なんて見ていません。

バッティング練習中であれば捉えられるのかもしれません。

しかし、試合では当てにいけばまず当たりません

当てにいった結末は、

「泳がされる」、「詰まらされる」、「空振り」する

というのがオチです。

この原因は何でしょうか。

分かり易い違いで言えば、

マシンと対戦相手の投手との違い

です。

つまりは、

打たせようと投げるのか、打たせまいと投げるのかの違い

です。

練習中には「投げ手」が打たせようとしている「ボール」を打つのに対し、試合は「投手」がなんとしてでも打ちとろうと考えられた「ボール」を打つことになります。

この差がとてつもなく大きいことに気づくでしょうか。

打たせようと思ってきている「ボール」に対して「当たる」のは当然のことです。

しかし試合のように打たせまいと来るボールに、「さあ当てよう」という安易な気持ちでは討ち取られてしまうと思いませんか?

投手も真剣勝負です。

そうであるならば、打者側も真剣勝負をしに行かなければ当たるものも当たらなくなってしまいます。

そんな真剣勝負中に、

フルスイングできるぐらいの準備ができていなければ打てるものも打てません。

当てにいくという行為は、気持ちが守りに入っている証なので、実際の試合で投手が投げたボールに対して迎えに行ってしまうような「スイング」になります。

そもそも、野球の試合は「投手」主導で試合が進んでいきます。

迎えに行けばまず泳いでしまいます。

ワンバウンドを振ってみたり、泳いで先に当ててしまったり。。。

これが「フルスイング」するつもりで「バッターボックス」に立たなければ、まず対等な立場にまで届くことがありません。

それくらい「精神的」にも、「肉体的」にも整った状態でなければ、「フルスイング」はできません。

試合のための練習を毎日行っているのに、試合で結果が出ないような練習は行う必要がありません。

できるだけ無駄な練習を省き、試合で結果を出すための練習をすることが一番の上達の近道です。

参考になるのはさぼっている選手?!

参考になる選手は必ずあなたの周りにいます。

それは

「全く練習もしないのに、試合で結果を出すからセンスだけでやっている」

と思ってしまうような選手はいませんか?

「あいつはいーなー」で片付けてしまわずに、なぜ練習もしないのに試合で結果を出せるのか検証してください。

そのほとんどの理由がセンスではないことがわかります。(『練習をさぼるススメ ~サボる選手ほど活躍している悲しい野球界~』)

必ず要所ではあなたの数十倍も真剣に取り組んでいるところがあるはずです。

そこに「ポイント」が潜んでいます。

何もやらずに結果を出している選手なんて存在しません。

何もしていないように見えているだけです。

野球人生はそんなに長くはありません。

いかに早く結果を出し、それを継続するかが大切です。

バッティングで重要なこと

以前の記事を読んで頂けている方であれば、薄々創造がつくと思います。

バッティングで重要なこととは

どうやってホームランや、ヒットが打てるような、強さ、角度、方向でバットがボールにぶつかるように運んでいけるか

ということ以外、ほかにありません。これができるように過程を調整することが、練習です。

フォームというのは考え方としては結果でしかありません

フォームの重要性というのは

打てるようになって初めて理解ができるもの

です。

打てない人がいくらフォームを考えても、良いフォームというのはみつかりません。

当然ながら、打てる人のフォームを真似たところで、身体の構造が異なるので、打てるようになることはありません。

重心位置などが無意味な分かりやすい例としては、

松井選手は後ろ側の足に、イチロー選手は前側の足に

重心をおきます。

あなたは、どちらの方が良い選手だと思いますか?

きっと比べることはできないでしょう。

重心のことからも分かるように、フォームを考えたところで、結果はついてきません。

なぜなら、

あなたにとってベストなスイングというのはあなたにしか生み出せないから

です。

自分の特性を理解して、自分にあった重心位置やフォームを確立することです。

その結果が前重心なのか、後ろ重心なのかというハナシにすぎません。

どちらがいいのかを考える前に、まずは自分探しの方が大事です。

その自分探しのお手伝いをしてくれる人が監督でありコーチです。ヒントをくれます。しかし、あくまでヒントです。

監督やコーチが探してくれるものではありませんし、探し出すことなど到底できません。

どうやってホームランや、ヒットが打てるような、強さ、角度、方向でバットがボールにぶつかるように運んでいけるか

これだけを徹底的に考え、練習することで、必ずすばらしいパフォーマンスが発揮でき、結果もついてきます♪

あなたにあったフォームはあなたにしかわかりません。

バッティングで実現しなければいけないこと

では「バッティング」を上達させる上で、誰にでもあてはまる唯一の表現とは何でしょうか。

それは、

自分の身体全体の力をロスすることなくインパクトの瞬間に100%を伝えること

です。

これさえできれば、「スイング」や「フォーム」なんてなんでも良いのが野球です。

人間は何かの「動作」をする時、必ずたくさんの関節や筋肉、骨、神経を活用して動いています。

そんな時に各部のエネルギーが伝達されているわけですが、伝え方が悪いと伝達の過程で力をロスしてしまっています。

反対にその伝達がスムーズにいけば、一つの「筋肉」だけでは到底生み出せないようなエネルギーを発揮することができます。

「takebat.com」が「筋トレ」をおススメしない理由は、この伝達を妨げる行為になるためです(『野球選手に筋トレはいらない理由まとめ ~あなたは筋トレで何をやりたいのか~』)。

しかし、ここで一つ問題が発生します。

それは、

身体の効率的な使い方は人それぞれであること

です。

人間の身体というのは、外見上は似通っていても、各部を詳細に見ていけば全くの別人です。

さらに、昨日の自分と今日の自分というレベルでさえ別人と言っていいほど異なります。

そんな人間の「効率的な使い方」なんてバラバラすぎで指導のしようもありません。

自分の身体を効率的に使ってインパクトの瞬間に100%の力を伝えるためのトレーニング方法

では、そんな人それぞれの身体の使い方を知るためにはどうしたらいいのでしょうか。

それは

「MONOBUN」を使ったトレーニングを取り入れる

ことです。

この「MONOBUN」を使えば、「バッティング」に関する全ての悩みを解決することができます。

「MONOBUN」は、極端な言い方をすればどんな「スイング」でも構いません。

・・・というのは極端すぎますが、自由に「スイング」していいものです。

特に決まった使い方はなく、自分が思う「スイング」のまま使用して構いません。

その中で「爆風音」がなるように、微調整をしていけば、いつしか「爆風音」を鳴らすことができます。

そして「爆風音」が鳴った時には、自分の身体を効率的に使うことができています。

つまり、その選手が本来もつ力をロスすることなく伝達し、インパクトの瞬間に100%の力を伝えることができます。

「MONOBUN」は、一般的に良いとされる「スイング」ができていたとしても鳴りません。

あくまで一般的に良しとされる「スイング」であって、あなたにとってベストなスイングではないかもしれないからです。

つまり「MONOBUN」の「爆風音」を鳴らすことができていれば、自然とあなたの身体にあったスイングを手に入れることが可能で、特に身体の使い方を考えずに、どうやれば「爆風音」を鳴らすことができるかに集中すればいいということになります。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がありません(『マスコットバットはスイングスピードを遅くする』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

なぜなら「MONOBUN®」には、もう一点優れたポイントがあります。

それは、「調子の波を感じることができる」ということです。

普段は「MONOBUN」を振って「爆風音」を鳴らしていた選手が、調子を崩すと必ずといって「爆風音」を鳴らすことができなくなります。

同じ意識で振っていれば「爆風音」が鳴らなくなるのは当然で、人間の身体は常に変化しているためです。

そんな微細な変化すら「MONOBUN」は感知し、体感させてくれます。

調子を崩し始めるその前に「MONOBUN」を振って、「爆風音」を鳴らすことができる「あなたに合った効果的な身体の使い方」を実現しておきましょう。

そして実際のボールを打つ感覚を得るためには、本気で技術を手に入れたい人のために開発された「木製バット」である、炭化竹バット「WINDOM」を使用しましょう。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

痛くない・折れにくい・技術が身に付く「炭化竹バット/WINDOM」

「MONOBUN」を使って「スイングフォーム」を手に入れた後は、実際の「ボール」を打つときにも同じ「スイング」を実現させる必要があります。

そんな時にはできる限り「木製バット」で練習することをおススメします。

今や、「金属バット」では「バッティング技術」が身につかないことは常識となっています(『金属バットで練習しても技術は伸びないって知ってた? ~炭化竹バットのススメ~』)。

では、「木製バット」で練習すればいいのでは・・・という話になると思いますが、ハナシはそんなに簡単ではありません。

「木製バット」は扱い方を間違えてしまうと簡単に折れてしまいます。

湯水の如く資金力があるのであれば、いくら折っても問題ないと思いますが、そんな環境下にある選手は多くはないでしょう。

そこで昔から使用されていたのは「竹バット」であったわけですが、そんな「竹バット」には「ボール」を捉えた時の「手のひらの激痛」という問題がありました。

そんなすべての問題を解決した「バット」こそが「炭化竹バット/WINDOM」です。

「MONOBUN」を使って適切な「構え方」と「スイング」を手に入れ、「WINDOM」によって実際のボールを捉える練習をすれば、「バッティング」の見違えるような変化に驚くでしょう。

▼「WINDOM/ウィンダム」の詳細はコチラ▼

headerimg_windom

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

バッティングで大事と言われている手は逆の方が大事だという事実

2015年11月25日

テイクバック不要論【実践編】が無料で読めるチャンス! ※4日間限定

2016年5月25日

野球選手はアウトになることを恐れなくなると上手くなる

2016年12月28日

マスコットバットを振るとスイングスピードが落ちる

2017年2月24日

元野球選手の大半に指導力がない理由

2017年6月3日

ゴロを打てより遠くに飛ばせがこれからの常識

2016年10月20日