バッティングの重心位置なんてどこでも良い

バッティングの重心位置なんてどこでも良い

打者がスイングするときに重心は後ろと前とどっちにおくべきなのか、ということはよく議論されます。

実際には、後ろに残して打つ打者もいれば、前側の足に体重が乗り、後ろ側の足は浮くように打つ打者もいます。

では実際に、重心はどちらにおくのがいいのでしょうか?

答えから言ってしまいます。。。

それは、

選手の特性によって違う

それを言ってしまっていいのか、という話だと思いますがもう少しお付き合いください。

皆さん、分かっているはずなのに、現場では個々の特性というのは無視されています。

また、スイング時の写真や動画を見ただけで、「前側の足だ!後ろ側の足だ!」と考えることは、非常に危険でかつナンセンスな話です。

>次のページ:打者のバッティングの特性

ページ: 1 2 3 4 5

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

バッターに筋力トレーニングはいらない

2017年6月6日

打者と投手はどっちが有利か

2016年10月10日

タイミングが外されてもバッティングできる方法

2016年10月16日

実は意味なんてなかった ~プロ野球選手が炎に向かって祈祷する秘密~

2015年12月31日

野球選手がボールに打ち負けないために必要なこと

2016年5月2日

野球選手は今すぐ「肩関節」を勉強せよ! ~バッティングにだって「肩関節」は大切~

2016年4月14日