バットを最短距離で打つと打てません

バットを最短距離で打つと打てません

野球界では、「バッティング」について語られる時に必ずと言って良いほど「最短距離でバットを出す」という話がでてきます。

しかし、その光景を見るたびに疑問に思うことがあります。

それは

最短距離ってどういう意味で使ってるの?

というものです。

この「最短距離」について適切に理解している人はいないのではないでしょうか。

あくまでイメージで「最短距離」で「バット」を振ることができれば、エネルギーをロスすることなく「インパクト」の瞬間を迎えることができそうだから言っているのでしょう。

このこと自体に問題はないのですが、指導される側の選手からすれば、本人は振っているつもりなのに何を言われているかわからない・・・という問題が発生します。

さらに、この言葉を突き詰め、「最短距離」で「バット」を振ることを本当に実現してしまったら打てません。

仮に、バットを言葉のまま最短距離で出したと過程します。

ボールの軌道に対して、バットはインパクトの瞬間を目がけて進んでいきます。

そしてボールとバットが当たる瞬間はというと、一点のみになってしまいます。これは、ボールの芯とバットの芯がぶつかる可能性が極端に下がることを意味しています。

つまり、打率が下がっていくということを意味しています。

最短距離の意味とは

では、ここで野球選手にとって必要な「最短距離」とは何を意味するのでしょうか。

簡潔にいうと「最短距離をバットで振る」とは、

ボールを捉えるポイント(インパクト)に対してバットの芯ができるだけ直線的に向かうこと

です。

ポイントは「できるだけ」、「直線的に」という点です。

「バット」に「ボール」が当たる確率を考えれば、「投手」の放った「ボール」の「軌道」と「スイング」の「軌道」が直線的になると確率があがります。

つまり

スイングの軌道は直線的にしたうえでの最短距離でのスイング

が理想的です。

これを具体的に考えると、

右打者であれば「ヘッド」は下がり、「右肩」も下がり、当たったボールの軌道はホームラン軌道

となることを意味しています。

バットの軌道を図解で見たい方はコチラをご覧ください(『スイングはキレイな円を描くとダメ! ~これからのスイングの常識はインサイドアウトが鍵~』)。

最短距離なんて気にしなくてよくなるトレーニング方法

本日の記事で見てきたように「最短距離」について考え始めると複雑になってきてしまいます。

そこで、そんな複雑なことを考えずにトレーニングしていたら自然とそれが「最短距離」を実現したスイングになる方法があるのでご紹介したいと思います。

それは、

「MONOBUN」を使ったトレーニングを取り入れる

ことです。

この「MONOBUN」を使えば、「バッティング」に関する全ての悩みを解決することができます。

「MONOBUN」は、極端な言い方をすればどんな「スイング」でも構いません。

・・・というのは極端すぎますが、自由に「スイング」していいものです。

特に決まった使い方はなく、自分が思う「スイング」のまま使用して構いません。

その中で「爆風音」がなるように、微調整をしていけば、いつしか「爆風音」を鳴らすことができます。

そして「爆風音」が鳴った時には、自分の身体を効率的に使うことができています。

つまり、その選手が本来もつ力をロスすることなく伝達し、インパクトの瞬間に100%の力を伝えることができます。

「MONOBUN」は、一般的に良いとされる「スイング」ができていたとしても鳴りません。

あくまで一般的に良しとされる「スイング」であって、あなたにとってベストなスイングではないかもしれないからです。

つまり「MONOBUN」の「爆風音」を鳴らすことができていれば、自然とあなたの身体にあったスイングを手に入れることが可能で、それは必然的に「最短距離」を実現したスイングになっています。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がありません(『マスコットバットはスイングスピードを遅くする』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

なぜなら「MONOBUN®」には、もう一点優れたポイントがあります。

それは、「調子の波を感じることができる」ということです。

普段は「MONOBUN」を振って「爆風音」を鳴らしていた選手が、調子を崩すと必ずといって「爆風音」を鳴らすことができなくなります。

同じ意識で振っていれば「爆風音」が鳴らなくなるのは当然で、人間の身体は常に変化しているためです。

そんな微細な変化すら「MONOBUN」は感知し、体感させてくれます。

調子を崩し始めるその前に「MONOBUN」を振って、「爆風音」を鳴らすことができる「あなたに合った効果的な身体の使い方」を実現しておきましょう。

そして実際のボールを打つ感覚を得るためには、本気で技術を手に入れたい人のために開発された「木製バット」である、炭化竹バット「WINDOM」を使用しましょう。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

痛くない・折れにくい・技術が身に付く「炭化竹バット/WINDOM」

「MONOBUN」を使って「スイングフォーム」を手に入れた後は、実際の「ボール」を打つときにも同じ「スイング」を実現させる必要があります。

そんな時にはできる限り「木製バット」で練習することをおススメします。

今や、「金属バット」では「バッティング技術」が身につかないことは常識となっています(『金属バットで練習しても技術は伸びないって知ってた? ~炭化竹バットのススメ~』)。

では、「木製バット」で練習すればいいのでは・・・という話になると思いますが、ハナシはそんなに簡単ではありません。

「木製バット」は扱い方を間違えてしまうと簡単に折れてしまいます。

湯水の如く資金力があるのであれば、いくら折っても問題ないと思いますが、そんな環境下にある選手は多くはないでしょう。

そこで昔から使用されていたのは「竹バット」であったわけですが、そんな「竹バット」には「ボール」を捉えた時の「手のひらの激痛」という問題がありました。

そんなすべての問題を解決した「バット」こそが「炭化竹バット/WINDOM」です。

「MONOBUN」を使って適切な「構え方」と「スイング」を手に入れ、「WINDOM」によって実際のボールを捉える練習をすれば、「バッティング」の見違えるような変化に驚くでしょう。

▼「WINDOM/ウィンダム」の詳細はコチラ▼

headerimg_windom

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

既に感動の声が多数届いています ~「MONOBUN」を使用したお客様の声~

2016年6月2日

野球選手はバットを捨てて本をとれ。

2016年11月24日

MONOBUN使用者の声をご紹介

2016年9月16日

まだ普通のバットで練習しているの? ~練習用のバットを持つススメ~

2016年2月3日

炭化竹バットが打者人生を変える??!

2015年10月27日

野球選手にとって効果的な筋肉の”つけかた”【打者編】

2015年10月25日