ヘッドをたてる・・・なんて物理的に考えたら無理

ヘッドをたてる・・・なんて物理的に考えたら無理

・「上から叩け!」
・「ヘッドを立てろ!」
・「ダウンスイングだ!」

こういう指導を受けてきた方は多いのではないでしょうか?

またこういう指導をしている方も多いのではないでしょうか?

指導者の指導をそのまま実行している選手が少なくはないのではないでしょうか?

さてここで一度考えて頂きたいことがあります。

スイングしてみれば分かるヘッドがたつことへの違和感

まず何でもいいのでバットを用意して自分なりに構えてみてください。

そして自分なりのインパクトの場所にバットを持っていって下さい。

そしてヘッドを立ててみてください・・・・!

どうですか?

自然ですか?

では、次に構えている状態で、肩口の上から大根を切るようにダウンスイングしてみてください。(いわゆる大根切り)

どうですか?

自然でしょうか?

少し極端な例も混ぜましたが、

ストライクゾーンのボールを好打するには実際にヘッドを立ててボールを捉えることは物理的に不可能

です。

少し考えてみると実はわかることだと思います。

腕の長さとバットの長さがあるためスイングすると必ずヘッドは下がってきます。

これは人間の身体の構造を考えれば当たり前の事実です。

投手のボールの軌道は?

また、投手のボールの軌道を考えれば、

投手が投げたボールは上から下へ落ちてきます。

これを「線」で捉えるには「アッパースイング」しか方法はありません。

地面と水平、または上から叩くことはボールを「点」で捉えることになり非効率になります。

これを否定し始めると万有引力の法則を発見したニュートンと闘うことになります。笑

冷静に考えればわかることですが、野球選手は練習が過酷すぎて考える暇がありません。

確かに自分も現役時代には黙々と練習を積み重ねていたので気持ちは分からなくはないです・・・。

可能な限り、効率的に上達する方法を模索することで練習時間を減らして身体への負担も減らしていきたいですね。

どんなバッティング理論が正しいか考えるよりも大切なこと

野球界には様々な「バッティング理論」が存在しています。

そしてその理論は当てはまる人もいれば当てはまらない人もいる・・・というのが現実です。

なんなら一つ一つの理論が当てはまらない人の方が多いでしょう。

それはどうしてそんなことが起こっているか考えたことはあるでしょうか。

冷静に考えれば当たり前のことで

人それぞれ身体が異なっているから

です。

違う身体をした人間が同じ「投球動作」や「打撃フォーム」で同じ結果がでるわけがありません。

では、どのようなことを考えればいいのか・・・という話になりますよね。

それは、

人それぞれの身体にあった効率的(省エネ)な身体の使い方を探すこと

です。

「動作」は身体の各部の力の伝達によって実現しています。

その各パーツを鍛えることよりも、伝達が効率的に行え、なんなら増幅されるような身体の使い方を学ぶことの方が野球選手にとっては必要なことです。

そのため「どのバッティング理論が正しいのか」なんて考える意味がありません(『野球選手に必要な「スイング」方法まとめ ~あなたはどんな「スイング」をしてるの?~』)。

人にあった効率的な身体の使い方を手に入れるトレーニング方法

では、どのようなトレーニングをすれば「効率的な身体の使い方」を手に入れることができるのでしょうか。

しかも「人それぞれの身体にあった」方法でなくてはならないので、なかなかの難問です。

しかし、それらを解決してしまうトレーニングがあります。

それは

「MONOBUN」を使ったトレーニングを取り入れること

で「バッティング」に関する全ての悩みを解決することができます。

「MONOBUN」は、極端な言い方をすればどんな「スイング」でも構いません。

・・・というのは極端すぎますが、自由に「スイング」していいものです。

特に決まった使い方はなく、自分が思う「スイング」のまま使用して構いません。

その中で「爆風音」がなるように、微調整をしていけば、いつしか「爆風音」を鳴らすことができます。

そして「爆風音」が鳴った時には、自分の身体を効率的に使うことができています。

つまり、その選手が本来もつ力をロスすることなく伝達し、インパクトの瞬間に100%の力を伝えることができます。

「MONOBUN」は、一般的に良いとされる「スイング」ができていたとしても鳴りません。

あくまで一般的に良しとされる「スイング」であって、あなたにとってベストなスイングではないかもしれないからです。

「MONOBUN」は、その人の体に適したバッティングスイングで、体全体をフルに使って、それでもリラックスした状態の構えから振ったスイングをしなければ「爆風音」を鳴らすことはできません。

反対に言えば、「MONOBUN」を使って「爆風音」を鳴らすことができれば、体全体をフルに使ったスイングを手に入れられているということに他なりません。

そのバッティングスイングが一般的に正しくないと言われているスイングであっても問題ありません。

とにかく「MONOBUN」を使って「爆風音」を鳴らすことができるように意識すれば、あなたの「バッティング」は自然と向上していくでしょう。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がないことが判明してきています(『マスコットバットを使うとスイングスピードが落ちるという事実』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

なぜなら「MONOBUN®」には、もう一点優れたポイントがあります。

それは、「調子の波を感じることができる」ということです。

普段は「MONOBUN」を振って「爆風音」を鳴らしていた選手が、調子を崩すと必ずといって「爆風音」を鳴らすことができなくなります。

同じ意識で振っていれば「爆風音」が鳴らなくなるのは当然で、人間の身体は常に変化しているためです。

そんな微細な変化すら「MONOBUN」は感知し、体感させてくれます。

調子を崩し始めるその前に「MONOBUN」を振って、「爆風音」を鳴らすことができる「あなたに合った効果的な身体の使い方」を実現しておきましょう。

そして実際のボールを打つ感覚を得るためには、本気で技術を手に入れたい人のために開発された「木製バット」である、炭化竹バット「WINDOM」を使用しましょう。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

痛くない・折れにくい・技術が身に付く「炭化竹バット/WINDOM」

「MONOBUN」を使って「スイングフォーム」を手に入れた後は、実際の「ボール」を打つときにも同じ「スイング」を実現させる必要があります。

そんな時にはできる限り「木製バット」で練習することをおススメします。

今や、「金属バット」では「バッティング技術」が身につかないことは常識となっています(『金属バットで練習しても技術は伸びないって知ってた? ~炭化竹バットのススメ~』)。

では、「木製バット」で練習すればいいのでは・・・という話になると思いますが、ハナシはそんなに簡単ではありません。

「木製バット」は扱い方を間違えてしまうと簡単に折れてしまいます。

湯水の如く資金力があるのであれば、いくら折っても問題ないと思いますが、そんな環境下にある選手は多くはないでしょう。

そこで昔から使用されていたのは「竹バット」であったわけですが、そんな「竹バット」には「ボール」を捉えた時の「手のひらの激痛」という問題がありました。

そんなすべての問題を解決した「バット」こそが「炭化竹バット/WINDOM」です。

「MONOBUN」を使って適切な「構え方」と「スイング」を手に入れ、「WINDOM」によって実際のボールを捉える練習をすれば、「バッティング」の見違えるような変化に驚くでしょう。

▼「WINDOM/ウィンダム」の詳細はコチラ▼

headerimg_windom

 

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

バッターにもイップスがあるって知ってた?

2016年5月26日

スイングしているとできる”マメ”について解説してみました。

2015年11月20日

野球界は他のスポーツから学ぶ姿勢を持とう

2017年5月27日

打率を上げたいならアッパースイングが理想的・・・ですが。。。

2016年10月30日

野球界でランニングが重要視されるのに根拠はない

2017年11月8日

苦手なコースはなぜ苦手なのか?~苦手なコースの克服法~

2016年5月23日