金属バットでいくら練習してもバッティング技術は身につかないって知ってた?

バッティング技術を向上させるなら木製バット

かなりショッキングなタイトルで、「え?!今までなんだったんだ?!本当に?!」と思われた方がたくさんいらっしゃると思います。

少し極論的な書き方だったので誤解を招いたかもしれないので詳しく解説してきたいと思います。

そもそもバッティング技術とは何なのか?

皆さん、「バッティング技術」って何だと思いますか?

「遠くまで打球を飛ばすこと」、「自分の思い通りの場所に打球を飛ばすこと」、「自分の打ちやすい球が来るまでカットし続けること」

こんな感じでしょうか。

これらはすべて正解と言えば正解です。ただそのバッティング技術を向上させるために皆さんがやっていることってなんでしょうか?

来る日も来る日も素振りやティーバッティング、特打なんかを通じて、「良い打球」を打つことに集中していることだと思います。

その際に意識することはなんでしょうか?

おそらく、スイングフォームやボールを強く打つことを意識されているのではないでしょうか。

しかし冷静に考えて頂きたいのですが、もっとも大切なことを忘れ去られていると思います。

そう、それは・・・

バットとボールとの関係性

バットにボールが当たらなければ飛びません。何をいまさら・・・という話ですが、これは間違いない話ではないでしょうか?

バットをボールにより良い形であてるために、スイングフォームを確認したり、強くあてるために筋力トレーニングを行ったりしているはずです。

ということは、バットにボールをより良い形であてることが「バッティング技術」ということになります。

そのために、筋力をつけたり、スイングを理想に近づけたりしているわけです。

このことが何故重要なのかって思いませんか?

それは・・・

金属バットで遠くに飛ばす方法はとにかく”力”

金属バットというのはスイートスポットいわゆる「芯」というのが広く作られています。そして木製に比べ反発が強くなっています。

金属バットを使って良い打球を打つ方法は「とにかくパワー」をつけること。

これ以外に方法はありません。

そこにはその他の要素が入り込む余地はなく「とにかくパワー」をつけることが必勝法です。

金属バットは力強く振れば飛ぶわけですから・・・。

ということは、最高のトレーニング方法は筋力トレーニングということになります。

これはバッティング技術といえるのでしょうか・・・。

これをバッティング技術と認めると、ボディービルダーの方が日本一のホームランバッターなんてことになります。

では、どうすればいいのか・・・。

それは正しいバッティング技術がなければ飛ばないバットで練習し、練習の時から自分にバッティング技術がついているか否かを確認することです!

バッティング技術をつけるなら木製バット

そのために適しているのが「木製バット」で練習する習慣をつけることです。木製バットはバッティング技術がないと良い打球は飛びません。

反対に金属バットは多少「芯」を外しても力でなんとかすることができてしまいます。

「感覚の違い」という部分はありますが、理屈上では「木製バット」で飛ばす技術をつけると「金属バット」の打撃技術は向上します。

この辺のことに関しては数々の元プロ野球選手が警鐘を鳴らしている部分でもあります。

元阪神タイガーズで活躍されていた掛布氏も「thePage」の『プロ野球和製大砲が育たない2つの理由』記事の取材でも以下のようにおっしゃっています。

 

高校野球の金属バットをどうにかするべきです。今や、技術革新しているのですから、限りなく木製バットに近い芯や反発力のバットを作ることも可能ではないでしょうか。プロ、アマが協力して、そういう新しい金属バットを作成して使っていくことも将来、日本人4番打者を増やしていくためには必要ではないでしょうか

(リンク元:http://thepage.jp/detail/20140704-00000001-wordleafs)

 

かのイチロー選手も中学時代には木製バットで練習していたようです。下の動画の”8分38秒”あたりに稲葉さんが証言しそれにイチロー選手が事実を認めています。

 

木製バットは扱いが大変

ただ、木製バットを使うには色々と困難な部分があります。それは扱い方を間違えると簡単に折れてしまったり、使い物にならなくなってしまうことです。

お金が湯水のようにある人や、チームにとっては問題がないかもしれませんが、多くのチームや選手の方はそのような状況ではないと思います。

これらの問題をすべて解決してくれるバットってないのか・・・

という話だとは思うのですが、実はそれは昔から存在しているのです・・・!!

耐久性に優れる「竹バット」

そう、それは竹バットを使うトレーニングです!現在お父さん世代の方であれば、指導者の方から言われたことがある人もいらっしゃるとは思いますが、いわゆるおじいちゃん世代では当たり前のモノであったと思います。

竹バットを使う有用性なんかはコチラに記事としてまとめているので下記バナーにアクセスして、詳しくはご確認ください。

headerimg_takepng

「え?!そんなバットが昔から存在していたの?!」

って思われた方もいらっしゃると思いますが、ハイ、存在してました(笑)

では、なぜそんな竹バットが広まっていないのかという話ですが、、、それにはちゃんと理由があります。

それは・・・

竹バットは芯を外すととにかく痛い!!

竹バットを使ったことがある方は、あるある話だと思いますが、芯を外すととにかく痛いんです。手のひらへの衝撃が半端ではありません。痛みに興味がある方は試してください(笑)

痛みだけが広まっていない理由ではないのですが、かなり大部分をこの理由が占めているのではないでしょうか。他には木製バットでさえ飛びにくいのに竹バットはさらに飛距離がでないなんかもあります。

「なんだ、やっぱり結局は金属バットで練習するしかないのか・・・」と思われた方、朗報です。

竹バットを進化させた「炭化竹バット」誕生!!

竹バットのデメリット部分を解消し、より木製バットに感覚を近づけたトレーニング用バットとしては最高峰といえる「炭化竹バット」を開発してしまいました!!

従来の竹バットみたいに手のひらの痛みはないし、木製バット(メイプル)と比較しても打球の飛距離や打った時の感覚(打感)もほとんどありません。なのに耐久性は竹バットを凌駕しているという優れもの。

これは野球界のバッティング練習の常識を覆す大発明なんじゃないでしょうか?!笑

炭化竹バットについては以下の記事にまとめているので、下記バナーにアクセスし詳しくはご確認ください。

headerimg_carbon

なんとそんな炭化竹バットを無料で使えるチャンスが?!

そんな「炭化竹バット」を現在、開発段階(といっても後はカラーリングだけなんですが・・・笑)でして、使用感などの感想を頂ける方を募集しています!(もちろん現段階でもご購入は頂けます。)

募集条件は弊社ADLIFEのラインアカウントと友だちになって頂くだけです!友だちになっていただければラインの抽選クーポンが届くので、そちらで当選するかどうかの運試しをやって頂き、めでたく当選された方に無料で「炭化竹バット」をプレゼント!

キャンペーンの詳細は以下のバナーにアクセスし、ご確認ください。

headerimg_monitor

こんなビッグチャンスはなかなかないので、ご家族やチームメイトを誘ってどしどしご応募ください♪

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

MONOBUNを100%活用したければネクストで使え!

2017年4月18日

バッティングを良くしたければMONOBUNをネクストに置こう

2017年5月4日

野球は「できないこと」を練習しても意味がない

2016年12月4日

MONOBUN戦士がオールジャパンに選出されました。

2017年6月7日

バッティングの打球は筋肉では飛ばない。

2017年5月14日

炭化竹バットが打者人生を変える??!

2015年10月27日