バッティングの時に体幹から力を伝えるために必要なこと

バッティングの時に体幹から力を伝えるために必要なこと

野球選手には「体幹」が大切とよく言われますが、なぜ大切か考えたことはあるでしょうか(体幹がなぜ大切か知っていますか? ~体幹はあくまで「ハブ」であるだけ~)。

「体幹」は「体」の「幹(みき)」と書きます。

つまり、「腕」や「足」は「枝」や「根っこ」と考えることができます。

地面から生まれたエネルギーは「体幹」に入り、「体幹」で力を変換し「腕」に伝え、「バット」に伝え、「ヘッド」を加速させることによって「ボール」を打ち返すことができています。

これは「体幹」が太く、「腕」の先端へ向かうに伴って細くなっていくため、同じエネルギーであっても加速していくということ可能になっています。

しかし、この力の伝達の過程で、不適切な力が入り、無駄な筋肉をつけてしまうと、スムーズな力の伝達が妨げられてしまいます。

この力の伝達を上手く伝えることができるためには「身体の使い方」が大切になってきます。

これは、決して「運動神経がいい」と言うハナシとは違います。

良い「身体の使い方」を別の言葉で言えば、

太いところから細いところへ力を伝達する時には、太いところは硬く、細くなればしなやかにする

と言い換えられます。

すると力の伝達は上手くなっていきます。

この力の伝達の過程で、あらゆる動作の中継地点として「体幹」が存在しているため、野球選手にとって大切なのです。

そして、その「体幹」は「腹筋」や「背筋」だけのことではありません(『「体幹トレーニング」の「体幹」ってなんのこと? ~本当の「体幹」を鍛える唯一の方法~』)

バッティングの力の伝達を効率的に行うためのトレーニング方法

では「バッティング」において、この「力の伝達」を適切に行うための「トレーニング」はどうすればいいのでしょうか。

それは、

MONOBUNを使ったトレーニング

です。

MONOBUNの手元は太く硬いのに対し、先端は薄くしなやかにできています。

そのため、上手く「体幹」と一体となり、先端ができる限り遅れて出てくるようにスイングしなければ「爆風音」を鳴らすことができません。

 

 

鞭のように先端に行けば行くほど、加速してエネルギーを増大していくような伝達形態が取れるようにしていかなくてはなりません。

そしてこの「力の伝達」が「ボール」を遠くに飛ばし、速い打球を打つということにつながってきます。

「MONOBUN」は、極端な言い方をすればどんな「スイング」でも構いません。

・・・というのは極端すぎますが、自由に「スイング」していいものです。

特に決まった使い方はなく、自分が思う「スイング」のまま使用して構いません。

その中で「爆風音」がなるように、微調整をしていけば、いつしか「爆風音」を鳴らすことができます。

そして「爆風音」が鳴った時には、自分の身体を効率的に使うことができています。

つまり、その選手が本来もつ力をロスすることなく伝達し、インパクトの瞬間に100%の力を伝えることができます。

「MONOBUN」は、一般的に良いとされる「スイング」ができていたとしても鳴りません。

あくまで一般的に良しとされる「スイング」であってそれはあなたにとってベストなスイングではないかもしれないからです。

「MONOBUN」で「爆風音」を鳴らすためには、「効果的な力の伝達をできる身体の使い方」を手に入れる必要があります。

つまり、「MONOBUN」で「爆風音」を鳴らす意識をしていれば、結果的に、「効果的な力の伝達をできる身体の使い方」を手に入れることができています。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がないことが判明してきています(『マスコットバットを使うとスイングスピードが落ちるという事実』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

そして実際のボールを打つ感覚を得るためには、本気で技術を手に入れたい人のために開発された「木製バット」である、炭化竹バット「WINDOM」を使用しましょう。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

痛くない・折れにくい・技術が身に付く「炭化竹バット/WINDOM」

今や、「金属バット」では「バッティング技術」が身につかないことは常識となっています(『金属バットで練習しても技術は伸びないって知ってた? ~炭化竹バットのススメ~』)。

では、「木製バット」で練習すればいいのでは・・・という話になると思いますが、ハナシはそんなに簡単ではありません。

「木製バット」は扱い方を間違えてしまうと簡単に折れてしまいます。

湯水の如く資金力があるのであれば、いくら折っても問題ないと思いますが、そんな環境下にある選手は多くはないでしょう。

そこで昔から使用されていたのは「竹バット」であったわけですが、そんな「竹バット」には「ボール」を捉えた時の「手のひらの激痛」という問題がありました。

そんなすべての問題を解決した「バット」こそが「炭化竹バット/WINDOM」です。

「MONOBUN」を使って適切な「構え方」と「スイング」を手に入れ、「WINDOM」によって実際のボールを捉える練習をすれば、「バッティング」の見違えるような変化に驚くでしょう。

▼「WINDOM/ウィンダム」の詳細はコチラ▼

headerimg_windom

 

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球選手にとって効果的な筋肉の”つけかた”【打者編】

2015年10月25日

これからの野球界は”下剋上”の波が吹き荒れる?!

2016年3月24日

野球選手として上達したければ人体の矛盾を受け入れること

2017年1月20日

誰にとっても必要な構え方とは? ~打者にとって一番いい構え方について~

2016年1月17日

ダウンスイングでもレベルスイングでもどっちでもいい。

2017年3月22日

本気でバッティングを良くしたいならフォームを作ってはいけません

2016年10月12日