バッティングをするのにヘッドが下がるのは当たり前

バッティングをするのにヘッドが下がるのは当たり前

「ヘッドを下げるな」、「上から叩け」、「ゴロを打て」ということが全くのデタラメだったことは過去の記事からもお分かり頂けると思います。

最近では、そういったことを指導する人も減ってきてはいるものの、ある一定数、存在し続けます。

打者が上手く打つためには、「力強いスイング」、「力が適切に伝わるスイング」をする必要があります。

そのためには、「下半身」や「体幹」はもちろんのこと、「肩」と「肘」と「手首」の関係性が重要です。

つまり、ある一部分だけでなく、「全身の動き方」が大切になっているといことです。

これらの角度が適切でないと「ボール」に打ち負けることが増えます。

そのためには、右打者で言えば「構え方」の特性上から、「右腕」は「左腕」に比べ体の近くを通ることになります。

この時点で、必ず「右肩」が下がります。

「右肩」が下がった状態で「スイング」すると「ヘッド」はどうなるでしょうか。

「右肩」を下げた状態で「ヘッド」をあげて「スイング」してみてください。

または「右肩」を下がらないように「スイング」してみください。

それだけ試せば答えは明白でしょう。

つまり

バッティングする時に、「ヘッド」は必ず下がるもの

ということです。

>次のページ:バッティングはヘッドが下がらないと打率が下がる?!

ページ: 1 2 3 4 5

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

きつい練習が正しい練習ではない

2017年7月24日

真似は意味がありません~最適な打撃フォームの見つけ方~

2015年12月2日

バッティングでボールに打ち負けないために必要なこと

2017年3月14日

指導者の責任の取り方は辞めることではない

2017年12月25日

ボールが止まって見えた・・・なんてありえるのか。

2016年12月23日

世界のホームラン王も最初は三振王だったって知ってますか?

2017年1月19日