大会直前の「調整」練習に意味はありません ~大会にベストコンディションで挑む方法~

大会にベストコンディションで挑む方法

野球選手であれば、誰しもが公式戦などの大会にベストコンディションで挑みたいと考えるものです。

そのために、日々の苦しい練習に耐え抜き、身体を鍛え上げ、技術を磨いているはずです。

しかし、いざ本番を迎えた時には、疲労が蓄積されきっていたり、なぜかバッティングの調子が良くなくなっていたりするものです。

その原因は「調整」練習の捉え方に問題があり、そもそも根本的なことを野球選手は忘れてしまっているからです。

それは

野球選手は「選手」である前にまず「人間」

だという事です。

この事実を忘れてしまっているために、野球選手は自分の身体の勉強をすることを怠っています。

スポーツ選手は身体が健康で初めて最高のパフォーマンスをすることが可能で、人間の身体の構造を知らなければトレーニングを無意味にしてしまいます。

まずその「人間である」という部分から考えていくことで、自分のコンディショニング方法をつくっていきましょう。

>次のページ:大会直前の「調整」練習に意味はありません

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球選手の大半は「体幹」が何なのか知らない

2016年9月23日

打球の飛距離とバッティングのスイングスピードは比例しない

2017年7月19日

バッターがバッティング練習で反復練習をする意味

2017年5月21日

バッティングトレーニングのポイント ~三振をしないために必要な2つのこと

2016年9月30日

重心は後ろがいいの? 前がいいの? ~スイング時の重心位置のハナシ~

2015年12月10日

タメって本当に必要なの? ~バッティングのタメの正体~

2016年7月20日