バッターにもイップスがあるって知ってた?

バッターにもイップスがあるって知ってた?

野球選手の間でも、「イップス/運動障害」という言葉が一般的に使われるようになって久しいです。

しかし、「イップス」が使われることは「投手」であることが大半です。

もちろん「イップス」は「投手」だけではなく「打者」にも存在する症状です。

例えば、

「ワンバウンド」や「高めのボール球」を振ってはいけないと思っているのに振ってしまう

という選手も「イップス」である可能性があります。

どんなに意識をしても、どうしても振ってしまうという選手は存在します。

そんな選手にいくら「振るな」と注意しても改善されることはなく、むしろ悪化してしまうことの方が多いでしょう。

これは完全に「イップス」です。

なかでも「精神的な状態からくるイップス」でしょう。

「イップス」は「精神的なもの」と言われますが、「技術的なイップス」も存在します。

「精神的なイップス」への対処方法

上記の、ダメだと分かっていても振ってしまう類のものは「精神的なイップス」であることが大半です。

このタイプの「イップス」は、負の連鎖に陥りやすいので、なかなか立ち直ることができません。

「低めを振らないように」と意識すればするほど振ってしまいます。

その場合の対処策としては、

「高めを振ろう」という思考の転換が大切

です。

大した差を感じないかもしれませんが、人間というのは「〇〇してはいけない」と思えば思う程、〇〇をやってしまう生き物です。

反対に、「〇〇しよう」という思考は、現実化させようと体が対応します。

つまり、「問題に意識するのではなく根本的な原因を解決することに意識する」ということです。

この思考の転換から自分をリラックスさせて、安定した形で構えられる環境を自分で作る必要があります。

「イップス」の原因とは

イップスの原因は未だ特定できておりません。

しかしながら、「体の何か」、「心の何か」が原因になって発生していることは間違いありません。

それは、人間が体と心で動いているからです。

その「体」や「心」の調整が、自分でコントロールができなくなった時に「イップス」が発生しています。

つまり、「身体的なイップス」、「精神的なイップス」の両方がありえるということです。

ちなみに、私は「短い距離を投げれないイップス」でした。

未だにその距離を投げることを苦手にしています。

ですが克服しなければいけない「イップス」もあればそうでもない「イップス」もあります。

全てが全て正しくする必要がないということです。

「イップス」には様々な「イップス」が存在しています。

一人一人に違った「イップス」があるので、具体的な解決方法は様々です。

そこで「takebat.com」では「イップス」で悩む選手の少しでも助けになるために、「皆さんのイップス体験」を募集します。

個別にお答えすることはできませんが、先着順に記事にする形でお答えしてまいりますので弊社LINEアカウントまでどしどしご応募ください。

「イップス」を具体的に解決するトレーニング方法

ちなみにもっと具体的な「バッター」の「イップス」の解決方法もあります。

それは、

「MONOBUN®/モノブン」を使ったトレーニング方法

です。

「MONOBUN®」を使って「爆風音」を鳴らすことができれば、武道でいう「身体がまとまる」という状態を創りだすことができます。

それは「心」・「技」・「体」が整った状態を意味します。「統一体」という言い方をする場合もあります。

「体」や「心」のバランスが崩れてしまった結果が「イップス」であるならば、「MONOBUN®」をスイングし「爆風音」を鳴らすことができれば、「イップス」を克服することにもつながります。

また、「MONOBUN®」によって解決したい悩みに対して意識するのではなく、「爆風音」を鳴らすことに集中することから、先ほども記した「問題に意識するのではなく根本的な原因を解決することに意識する」にも合致します。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

もっと詳細な内容を確認したい方は、「MONOBUN®完全マニュアル」を無料にて公開しているので下記画像よりご確認ください。

▼「MONOBUN®完全マニュアル」▼

headerimg_monobun-manual_660

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がないことが判明してきています(『マスコットバットを使うとスイングスピードが落ちるという事実』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

「MONOBUN®」の発売日は2016年6月1日に4.480円(税別)で発売致します!

◆全長:1.040mm
◆重さ:170g±10g
◆グリップ径:27mm
※スイングを矯正するためのトレーニングアイテムです
※実際にボールを打つ商品ではありません
※子どもから大人まで扱い頂くことが可能です

「MONOBUN®」は現在大枠の開発が完成しており、一部の方にモニター実施をしたところ、大反響を頂いており、初回製造分の予約が埋まってきています。

製造に手作業の特殊な工程があるため(特許出願中)生産量に限りがでてしまうため、予約注文をしておきたい方は以下の項目を弊社LINEアカウントまでご連絡ください。

■名前:
■フリガナ:
■年齢:
■連絡先(TEL):
■連絡先(Mail):
■本数:
■備考・質問:

「MONOBUN®」の詳細については、順次お知らせしていくのでご期待ください。

▼「MONOBUN®完全マニュアル」▼

headerimg_monobun-manual_660

▼「MONOBUN®」のビジュアル▼

monobun_detail

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

テイクバックは必要ありません ~テイクバック不要論~

2016年2月14日

打者の役割を説明できない人は一流にはなれない

2016年11月15日

バッティングは結果的に良くなるようにトレーニングする

2017年5月31日

きつい練習が正しい練習ではない

2017年7月24日

好打者ほどテイクバックをとらない

2017年10月15日

上手くなりたければバットは振ってはいけない

2016年9月17日