バッティングにテイクバックは必要なのか?

バッティングにテイクバックは必要なのか?

「テイクバックを取るのか」、「テイクバックを取らないのか」は大きな議論となるところですが、人間の体の特徴を見てみると分かってくる事実があります。

それは

・動き始めたらなかなか止まらない・伸ばしすぎると力の発揮が遅れる

という人体の特徴があります。

ここからバッティングに関して言えることとは、

・始動は遅い方がいい・無駄に伸ばさない

ことがポイントになってきます。

もう少し具体的な話をしてみましょう。

バッティングにテイクバックがもたらすデメリット

打者の構え方はできるだけ「リラックスポジション」をとっていなければなりません。

それは力を入れれば入れるほど、それ以上力を出す伸び代がなくなってしまうためです。

そのためできる限り力を出す伸び代を残しておく必要があるため「リラックス」状態からスイングに突如入ることが望ましいと言えます。

その「リラックス」とは筋肉で言う所の「静止長」と呼ばれるものです。

筋肉はこの「静止長」の状態よりも、伸びでも縮んでも、力を発揮しにくくなるという特徴を持っています。

そのため「静止長」である構えからわざわざ「テイクバック」をして、筋肉の新たな伸びをだすと、力を発揮しにくくなります。

さらに、テイクバックによって動き始めることによって、バッティング動作は早くから始動することになります。

そのため、投手がどんなボールを投げてくるのか、どういった軌道のボールが来るのかを大部分予測に頼ってしまっています。

そのため予測と異なったボールがくると、「対応できない」というデメリットがでます。

これらのことを聞いて、「テイクバック」についてどう思い、どう実践していくかは皆さん次第だとは思いますが、試してみない手はないと思います。

今の現状で満足されているのであれば、何も変える必要はないと思いますが、何らかの変化を求めているのであれば、挑戦してみるだけの価値はあるでしょう。

バッティングからテイクバックをなくすトレーニング方法

とは言え、どの状態が「テイクバックをとっていない」状態なのか、「リラックスできている」状態なのか判断することは難しいと思います。

そんな時に、おススメのトレーニング方法があります。

それは

バッティングトレーニング最強のアイテム「MONOBUN®」を使うこと

です。

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

つまり、「MONOBUN®」をスイングして、「爆風音」を鳴らすことができれば、そのスイングは「ホームラン」を打つためのスイングに他なりません。

後は、インパクト時にボールのどの位置に当てるかで飛距離が変わってきます。

そしてそのスイングは、その人の、その瞬間の身体にあったスイングを実現することができます(実際の鳴らし方は十人十色)。

ちなみに「MONOBUN®」は筋肉ムキムキだからといって「爆風音」を鳴らすことができません。

体のバランスが良い状態でスイングすることができれば爆風音がなるのです。

打球は力を込めても飛ぶことはありません。

それは選手である皆さんが一番よくわかっているはずです。

「ホームラン」を打った時、バットが抜けるように「スパッ」と振り切れると思いますが、力を込めている感覚はありません。

これは打ったことがある人であれば、必ず覚えている感覚ではないでしょうか。

そんな感覚を思い出させて、さらに定期的にチェックできるトレーニングアイテムが「MONOBUN®」です。

効率的な動きは、人それぞれ身体の構造が違うため、一つの形がないと言われ続けています。

そのため、ある人がやった成功法が、他の人に当てはまらず、目指すべきところがわかりませんでした。

しかし、それが「MONOBUN®」で解決されてしまいます。

その分細かな具体的方法がないため、自分で創意工夫する必要があります。

一度、手に入れたスイングも、成長(衰退)と共に効果的でなくなる時があります。

そんな時にも「MONOBUN®」を使って再検証してみれば、また新たなコツをつかむハズです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がないことが判明してきています(『マスコットバットを使うとスイングスピードが落ちるという事実』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

「MONOBUN®」が実現してくれる詳細なバッティング理論については、書籍にまとめてあるのでぜひこの機会にご覧ください(下記画像より詳細をご確認ください)。

「MONOBUN®」は現在大枠の開発が完成しているので一部の方に情報をお伝えしたり、モニター実施をしたところ、大反響を頂いており、初回製造分の予約が埋まってきております。

製造に手作業の特殊な工程があるため(特許出願中)生産量に限りがでてしまうため、予約注文をしておきたい方は弊社LINEアカウントまでご連絡ください。

▽『テイクバック不要論【理論編】』の詳細はコチラ▽

non-takeback-r_660-343

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球選手に筋トレは必要ない?!

2016年5月16日

どんどんホームランを狙おう ~ホームランを狙うとスイングがシンプルになるという矛盾~

2016年2月2日

ホームランには打ち方があります~ボールへのバットの当て方のハナシ~

2015年12月6日

野球選手はトレーニングをする前に腹筋・背筋がなぜ大切なのか考えよう

2017年5月10日

ダウンスイングって良いの? ~ダウンスイングの正体~

2016年6月19日

ワンバウンド送球は未来のアウト率を下げる

2016年7月5日