打者はコツコツ何を目指してやればいいの? ~打者が目指すところ~

打者はコツコツ何を目指してやればいいの?

打者の大半が薄々気づいていることではないでしょうか。

それは、

打者として上達するには何をしたらいいのか

ということです。

当然、答えなんてありません・・・

と、いう時代が終わりに近づいてきました。

打者が目指していく所は、「ヒット」や「ホームラン」を打つことであることは間違いありません。

そのためには、バッティング技術を上達させる必要があります。

そして、「練習」や「トレーニング」が必要です。

私自身も現役当時は、とにかく自他ともに認める練習の虫でした。

しかし、コツコツ練習をし続けるものの何を目指してやったらいいのかは常に不安でした。

あらゆる理論や、進められるトレーニング方法、評判の良いサプリメントなど、可能性があることを試し続ける毎日でした。

それだけやっても答えは見つかることなく現役を引退し、治療家として身体のことを科学的に研究していって初めて目指していくべき場所を見つけました。

それは、

「MONOBUN®」を使って練習すること

です。

打者が目指すべき「MONOBUN®」の可能性

「MONOBUN®」という製品はいたってシンプルです。

それは、

「MONOBUN®」を振ってある爆風音を鳴らすこと

を目的にすればいいからです。

それだけで、「その人に」、「その時の身体にあった」効率的なスイングを手に入れることができます。

これはいくら文字に書いても伝わらない部分がありますが、一度体験してしまえば全ての人が気づいています。

この「MONOBUN®」の面白いトコロは、ある選手が鳴らすことができた方法を使っても、他の選手には鳴らすことができないことです(当然なる場合もあるが)。

そして最大のポイントは、

その人にあった効果的な身体の使い方を気付かせてくれること

です。

効果的な身体の使い方というのは、何もバッティングだけに必要なことではありません。

「MONOBUN®」は身体を上手く使えなければ、音がなりません。

守備にも、走塁にも、投球にも活かすことができます。

なんなら、野球選手以外の枠にまで効果的です(武術やゴルフ選手など)。

効率的な動きは、人それぞれ身体の構造が違うため、一つの形がないと言われ続けています。

そのため、ある人がやった成功法が、他の人に当てはまらず、目指すべきところがわかりませんでした。

しかし、それが「MONOBUN®」で解決されてしまいます。

その分細かな具体的方法がないため、自分で創意工夫する必要があります。

「MONOBUN®」が実現してくれる詳細なバッティング理論については、書籍にまとめてあるのでぜひこの機会にご覧ください(下記画像より詳細をご確認ください)。

「MONOBUN®」は現在大枠の開発が完成しているので一部の方に情報をお伝えしたり、モニター実施をしたところ、大反響を頂いており、初回製造分の予約が埋まってきております。

製造に手作業の特殊な工程があるため(特許出願中)生産量に限りがでてしまうため、予約注文をしておきたい方は弊社LINEアカウントまでご連絡ください。

▽『テイクバック不要論【理論編】』の詳細はコチラ▽

non-takeback-r_660-343

▽『テイクバック不要論【実践編】』の詳細はコチラ▽

non-takeback-j_660-343

▽『リラックストリガーロックの秘密』の詳細はコチラ▽

relaxtriggerlock_660-343

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

サボると上手くなるのが野球界の現実

2017年10月10日

世界のサッカーを知る男が野球界をきる ~イギリスサッカー「ウェルドストーンFC」トレーナー/奥村正樹氏インタビュー~

2016年5月20日

ダウンスイングって良いの? ~ダウンスイングの正体~

2016年6月19日

「テイクバックはいらない」がこれからの常識 ~テイクバック不要論【理論編】~ /Kindle版 発売開始

2016年3月18日

夏の大会で勝利するために大切なことまとめ

2016年7月14日

バッティングでどんどんフライを打っていく野球界にしよう

2017年2月7日