野球選手はバットの性能に頼りすぎ~金属バットでは技術は身につかない~

野球選手はバットの性能に頼りすぎ

近年、軟式野球を始め、硬式野球共に、バットの性能はかなり高まってきています。

ゴルフクラブのように、「力がなくても飛んだり」、「当たれば飛距離がでる」という状態に年々近づいていっています。

ゴルフの場合であれば、娯楽要素も強いため、まっすぐよく飛ぶクラブは高齢者を始めとして、理に適っていると思います。

とはいえ、プロゴルファーにっとっては必ずしも当てはまらないでしょう。

それは、

道具の性能に頼りすぎると自分の能力を高める弊害になりかねない

からです。

これは当然ながら、野球選手にも言えることです。

バットの性能を上げれば上げるほど、飛距離が出ても技術向上には直結せず、むしろ下手になっています。

なぜなら大学や、社会人、プロ野球では木製バットを使用しており、木製バットの性能というのは差ほど変化はありません。

性能を良くしようにも限界があります。

それは自然のものを使うから当然のことだと言えます。

それと比例して、金属バットの性能は飛躍的に向上していっています。

>次のページ:金属バットで練習しても本物の技術は身につかない

ページ: 1 2 3 4 5

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

本気で技術を身に着けたい人のために創られた究極のトレーニングバット ~開発終了につき値下げしました~

2016年2月3日

野球選手はバットを捨てて本をとれ。

2016年11月24日

殖栗正登氏/野球選手には的確なトレーニングとコンディショニングの維持が必要

2016年12月12日

ホームランは練習して打つもの

2017年7月11日

竹バットがバッティング技術を向上させたい人におススメな理由

2017年1月17日

バッティングの基本~正しいバットの重さの選び方

2016年12月24日