野球選手をダメにしているのは親のあなたかもしれない

自分たちが習ってきた野球が正しいわけではない

野球には「バッティングフォーム」や、「ピッチングフォーム」、「捕球のやり方」や「走り方」など、かならず「フォーム」と言われるものがあります。

野球選手である限りあらゆるフォームを追求していくことになるのは間違いないのですが、野球界では追求の過程でダメになってしまう選手がたくさんいます。

これは、指導者側の問題です。

中途半端な指導者ばかりが多く、自分たちが習ってきたことを選手に伝えようとします。

これの問題が分かりますか?

それは

「自分たちが習ってきたこと」が正しいという根拠にはならない

ということです。

さらに問題なことが、

野球界の常識はスポーツの非常識である

ということです。

テイクバック不要論」に代表される、野球界で日々伝えられている練習や技術論には誤りや、進化を取り残されてしまったことばかりです。(『「テイクバックはいらない」がこれからの常識 ~テイクバック不要論【理論編】~ /Kindle版 発売開始』)

はっきり言えば、

選手をダメにしてしまっているのは親であるあなた

の可能性があります。

実は子どものころに自分も不思議に思っていたことが、いつの間にかその業界の常識に染まってしまっているだけです。

>次のページ:野球の適切なフォームは「子ども」の方が知っている

ページ: 1 2 3 4 5 6

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

バッティングが上手くいかない時の最大の処方箋は練習を辞めること

2017年5月20日

打球の飛距離とバッティングのスイングスピードは比例しない

2017年7月19日

タメって本当に必要なの? ~バッティングのタメの正体~

2016年7月20日

野球選手にとって”水泳”のトレーニングは効果的なのか?

2016年3月26日

規格外の野球選手になる方法

2017年1月11日

ホームランの打ち方 ~ホームランから遠ざかる2つのバッティング指導法~

2016年4月28日